FC2ブログ

Latest Entries

むし歯の治療についてわかりやすく教えて!

むし歯の進行度や場所で変わりますが、基本的には次のとおりです。治療は、むし歯の進行具合や場所によって変わってきますが、おおよそ次のとおりになるとあつみ歯科医院では考えています。①早期のむし歯(C0~C1) 歯垢【しこう】(プラーク)やバイオフィルム(細菌が増殖してできた膜)を取ります。仕上げにフッ素やシーラントを塗ったりすることもあります。②中期のむし歯(C2)むし歯に侵されたエナメル質と象牙質【ぞうげしつ】を削ります。検知液でむし歯が取れていることを確かめたら、接着剤(接着性レジン)を塗り、コンポジットレジン(歯科用プラスチック樹脂、以下「レジン」と略)を詰めます。可視光線を当ててレジンを固めたら、はみ出ているレジンを削ってかみ合わせを調整します。むし歯が大きく、レジンだけでは不十分なときは、インレー(詰め物)を使います。この場合は歯型を取り、型に合ったインレーができるまでは、歯科用セメントなどで仮詰めします。インレーができたらはめ、かみ合わせを、調整するようにあつみ歯科医院ではしています。C2のむし歯では治療で痛くなることはそれほどありませんが、予防的に局所麻酔をすることもあります。むし歯が深く、削ると神経を傷つけてしまう場合は、AIPC(非侵襲性歯髄覆とう【ひしんしゅうせいしずいふくとう】)をします。③神経に及んだむし歯(C3)むし歯が進行して神経に感染し、強い痛みが続いたら、歯髄【しずい】(歯の神経)を取る「抜髄【ばつずい】」をします。治療はまず、局所麻酔をしたあと、虫歯になったエナメル質や象牙質を削り、歯髄を露出させます。次にリーマーやファイルと呼ばれる極細の器具で、神経を引き抜きます。その後、神経の通っていた根管を広げて抜髄と根管の拡大が終わったら、二次感染を防ぐために消毒を、あつみ歯科医院では行います。根管の空洞をゴム状の根管充填剤【こんかんじゅうてんざい】ですき間なく詰めます。その後レントゲンにて状態を確認します。最後に歯科用セメントで封をします。経過がよければセメントを除去して、かむ力に耐えられる土台(金属など)を入れます。神経を取ると歯は折れやすくなるので、必ずクラウン(かぶせ物)をかぶせます。抜髄はむし歯になった象牙質が残っている可能性を考慮し、通常は2回以上かけて進めていきます。治療と治療の間は、処置中の歯が汚染されないようにしっかり仮の詰め物をします。④神経が死に、歯根まで感染したむし歯歯髄が死ぬと、根管で細菌が増殖します。その場合は抜髄を十分にしたあと、根管を徹底的に消毒します。これが不十分だと細菌が増え、歯根の先からあごの骨に感染が進み、骨を溶かしていきます。⑤歯根のむし歯根面う蝕【こんめんうしょく】(歯の根のむし歯)の治療は基本的には①②と同じです。ただ、歯の根にできたものは削る器具や詰める作業も難しくなり、治療の時間や回数が多くかかります。⑥歯根しか残っていないむし歯(C4)この状態を残根【ざんこん】といいます。健康保険では抜歯【ばっし】するようになっています。しかし、の治療のあと、歯にフタをして入れ歯を入れることが多いです。歯ぐきの下まで進んでしまったむし歯は、歯ぐきを電気メスなどで切って歯根を出し、むし歯を削りますが、健康保険ではできない治療になってしまいます。参考文献週間MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/9-a8bf680e

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR