FC2ブログ

Latest Entries

歯周病で手術が必要なのはどんな場合?

非外科的治療で改善しない場合は手術が必要です。近年、外科的治療や歯周組織再生療法などの新しい技術が開発され、歯周外科の治療は格段に進歩していると、あつみ歯科医院では考えています。以前ならば、歯周病が進行すると歯を失うことが多かったですが、今は手術できる条件さえそろえば、ある程度歯を残すことが可能になっています。基本的に手術が必要になるのは、歯周ポケットが深くなって、スケーリングルートプレーニングでは歯石などの除去が十分にできなくなった場合です。手術には歯ぐきの状態によっていくつかの種類がありますが、代表的なのが「フラップ手術(歯肉剥離掻爬術【しにくはくりそうはじゅつ】です。麻酔をして歯ぐきを切開し、スケーリングやルートプレーニングで歯根面の汚れをきれいに取り除いたあとで、歯肉を元に戻して縫合します。手術時間は治療対象となる歯の本数にもよりますが、通常は1時間程度、一週間後に抜糸します。健康保険が使えます。「進行を止めるだけの手術ですが、歯周ポケットが浅くなるので、その後は歯周病菌が少なくなるとあつみ歯科医院では考えています。ほかには、腫れが引かない歯肉を除去する方法、歯周ポケット自体を切除する方法、プラークコントロールが適切に出来るように歯肉や粘膜の形を変える方法などがあります。しかし、これらの手術では一度破壊されてしまった歯周組織を元通りにすることはできないと、あつみ歯科医院では考えています。そこで、最近注目されているのが、専用の人工膜(GTR膜)や「エムドゲイン」というタンパク質を使って、失われた歯周組織を再生する「歯周組織再生療法」です。GTR法は保険が使えるようになりました。手術後、健康な歯周組織が再生するまでには1年から1年半ほどかかります。このように、歯周病の手術は進歩しています。手術というと「怖い」と思う人もいるでしょうが、非外科的な治療で改善しない場合は、いまや必要不可欠な治療となっています。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/79-2f7d0b20

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR