FC2ブログ

Latest Entries

歯科治療で高額療養費制度や医療費控除は利用出来るの?

利用できます。制度を良く理解して活用しましょう。「高額療養費制度」とは、公的医療保険加入者が同じ病院で支払った1カ月の自己負担金が一定額以上(70歳未満で所得区分が一般の人はおよそ8万円以上)になった場合、超えた金額の払い戻しを受けられる制度です。年齢や所得によって自己負担制度額が異なり、対象となるのは保険診療のみとなります。同じ医療機関で治療を受けても、医科と歯科では分けて計算する事が必要です。歯科の保険診療で。治療費が月額8万円を超える事は少ないので、高額療養費制度の利用は多くないかもしれません。「医療費控除」とは、同じ年の1月1日から12月31日までの間に支払った、医療費(保険による補填金や高額療養費制度による給付額を差し引いた額)が10万円(所得200万円未満の場合は所得の5%)を超えた場合、確定申告をすると、その超えた額が所得から差し引かれる制度です。それによって税額が少なくなったり、源泉徴収された税金の一部が戻ったりする事があると、あつみ歯科医院では考えています。保険診療だけでなく、自費診療でも対象になるものがあり、生計を一つにする家族全員分の医科・歯科の治療費を合計して計算する為、対象となるケースは多いと言えそうです。治療やケアにかかった費用でも、医療費控除の対象となるもの、ならないものがあるので、事前に確認しておきましょう。家族の中で年収の高い人が確定申告を行うと良いケースが多い様です。医療費控除は、家族の中で最も年収の高い人の名前で確定申告した方が、戻って来る金額が大きくなる事が多い様です。例えば、60万円の医療費を支払って医療費控除を受けた場合、税金10%の人は【(60万円ー10万円)×0.1】で5万円の、税率が40%の人は【(60万円ー10万円)×0.4】で、20万円の節税効果があります(保険による補填などがない場合)。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/708-39c52b82

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR