FC2ブログ

Latest Entries

保険適用外の入れ歯は検査や治療も全て自費診療なの?

金属床の総入れ歯には「保険外併用療養費」が適用される医療機関もあります。入れ歯の場合、総入れ歯(総義歯)部分入れ歯(局部義歯)とも、保険適用で作れるものと、保険適用外となるものがあります。保険適用となるのは、総入れ歯、部分入れ歯ともに、ピンク色のレジン(歯科用プラスチック樹脂)を用いた「レジン床【しょう】義歯」のみです。「床」とは、入れ歯が粘膜に接触する部分の事を言います。保険適用のレジン床義歯は、総入れ歯の場合は約1万円、部分入れ歯の場合は約5千~1万5千円程が目安です。ただしレジン床は、食べ物の温かみを感じにくい、硬くて痛みを感じる人がいる等の問題があります。そうした人の為に、熱が伝わりやすい「金属床義歯」、床が軟らかい「シリコーン義歯」、磁石の力で固定する「アタッチメント義歯」等がありますが、これらは全て保険適用外です。レジン床の何倍もの費用がかかります。例外的に検査・治療が保険適用となる事もあります。一つの医療機関で、保険診療自費診療を同時に併用する「混合診療」は、原則として認められていません。その為、保険外の入れ歯を選んだ場合は、本来なら、保険適用となる検査や治療等も全て自費診療となります。ただ、金属床の総入れ歯(金属床総義歯)に限っては、例外として「hokenngaihei」と言う制度が適用される医療機関もあり、あつみ歯科医院もその一医療機関です。これは、入れ歯そのものにかかる費用は自費になるものの、それ以外の検査や治療には保険が適用されるシステムです。この制度が利用出来る医療機関で治療すれば、患者の負担額を軽減する事が出来ます。但し、残根(歯の根が残っている事)やインプラントがある場合は適用されません。詳しくは、かかりつけの歯科医師に相談して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/704-2c1d4208

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR