FC2ブログ

Latest Entries

歯科では保険診療と自費診療を併用しても良いの?

歯科でも原則として認められていません。あくまで「例外」です。ある一つの病気を1か所の病院で治療する際、保険が適用される診療と、適用されない診療(自費診療)を同時にすることを「混合診療」と言います。現在の日本では、混合診療は原則として認められておらず、それは医科だけではなく歯科でも同じです。自費診療を実施した場合は、同時にした保険診療分も、すべて自費で支払わなくてはならないと言う決まりがありました。但し、実際には「むし歯を削る治療は保険が利いたけど、被せ物(クラウン)は自費だった」等と言うケースもあり、「それは混合診療じゃないの?」と考える人も多いかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。それには、以下の様な理由が考えられます。発端は、1976年に当時の厚生省が「患者が希望した場合に限り、歯冠修復や欠損補綴【ほてつ】を保険外診療の扱いにする」と言う通知(昭和51年通知)を出したことです。例えば、被せ物や詰め物にゴールドやジルコニア、メタルボンド等、保険適用外となる材料を使う場合、本来は全て自費診療になります。しかし例外的に、むし歯や歯周病等の根本的な治療は保険診療で実施し、被せ物や詰め物にかかる部分は自費診療として費用を徴収して良いと認めたのです。納得した上で治療方法の選択を行うことが大切です。混合診療を認めると言うことではありませんが、実際に治療費の混乱を招く一因となっているのは事実でしょう。その為、「歯科の治療費はわかりにくい」と言われることも多い様です。最初に「保険適用でできること」と「自費診療になること」を説明し、患者自身に選択を任せる医療機関もあります。いずれにせよ、治療内容や費用について、しっかり説明を聞き、納得して治療方法を選択することが大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/699-6ce0e5c5

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR