FC2ブログ

Latest Entries

歯を支える骨が無くてもインプラントは出来るの?

骨を再生させたり移植したりする方法があります。歯周病等で歯を失うと、歯を支えてきた骨が溶けて、やせ細ってしまいます。この骨が足りないと、当然、インプラントを埋める事は出来ません。以前は、骨量が十分でなければ、インプラントを断念せざるを得ませんでした。しかし現在は、骨を再生させたり、移植したりする方法が普及し、より多くの人が治療を受けられるようになりなりました。■骨移植患者の顎の骨等から採取した骨片を骨量の足りない場所に移植し、周囲を粉砕した自家骨(自分の骨)や歯周包填【ほうてん】剤で埋めて、ネジで固定します。数カ月置いて移植骨が同化したらネジを外し、インプラントの治療を行います。■GBR法(骨再生誘導法)骨が足りない部分に、粉砕した自家骨や人工骨を盛ります。そして、その上を特殊な膜で覆っておくと、4~6カ月後には盛っておいた骨が、硬い自分の骨に置き換わります。■サイナスリフト(上顎洞【じょうがくどう】挙上術)上顎の骨が足りない時に使います。左右の奥歯の上には、上顎洞(サイナス)と言う空洞があります。この部分の骨の厚みが不足していると、インプラントを埋めた時に突き抜けてしまいます。そこで、頬の下の歯肉を切開して骨に小さな穴を開け、そこから粉砕した自家骨や歯周包填剤を上顎洞に入れます。すると、そこが硬い骨に置き換わり、上顎洞を突き抜けずにインプラントが出来るようになります。この方法は、骨の厚みが5ミリ未満の場合や複数のインプラントを入れる場合に使われます。■ソケットリフトサイナスリフトと同じく、上顎洞の骨の厚みを足す方法ですが、厚みが5ミリ以上ある時に使われます。先ず、上顎洞を突き抜けるギリギリまで、ドリルで穴を開けます。そして、その穴に粉砕した移植骨や歯周包填剤を入れ、更にインプラントで、上顎洞の粘膜を押し上げます。この方法だと、サイナスリフトより損傷が少なく、手術時間が短縮出来ます。これらの方法を駆使すれば、骨が痩せていても、インプラントが可能になる人がいると、あつみ歯科医院では考えています。骨の「移植」や「再生」と言っても、歯科では想像する程大げさではありません。とは言え、簡単な手術では無く、一定の知識、経験、技術、設備が必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/673-817e5433

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR