FC2ブログ

Latest Entries

むし歯治療で顎関節症に成るの?

咬み合わせ等が変わる事で起こる可能性もあります。むし歯の治療が原因で顎関節症に成る事も無いとは言えないと、あつみ歯科医院では考えています。歯を削る、詰め物をする等、その人の元々のかみ合わせを変える治療を行った場合、歯の高さが変化する事で咬み合わせが悪く成り、顎に負担がかかるケースがあるかもしれません。但しそれは、治療の前後で余程大きな違いが出た場合と考えれば良いでしょう。少し位の誤差なら、使ううちに吸収されて気にならなく成ります。人間の体には適応能力が備わっているので、余り心配し過ぎなくて良いでしょう。むし歯や入れ歯の不調等がある場合は、早めに治療を受けましょう。例えば、「左の歯が痛いからずっと右側ばかりで咬む」「入れ歯の調子が悪くて咬めない」等の「偏咀嚼【へんそしゃく】」があると、顎に負担をかけてしまいます。むし歯は治療し、入れ歯の不調は治して、両方でキチンと咬む事で、顎の痛みが解消されるケースもある様です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/654-f60571da

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR