FC2ブログ

Latest Entries

どうして口を開けると痛むの?

口を動かす事で関節や筋肉に負荷がかかり痛みが起こります。顎関節に痛みは、基本的には「運動痛」と言われています。運動痛とは、その部分を動かした時に生じる痛みの事です。例えば、口を開けた時、閉じた時、物を噛んだ時等、口を動かす事で顎の関節や筋肉に負荷や刺激が生じる為に痛みが起こります。又、顎の筋肉や関節部を押した時に起こる痛み(圧痛【あっつう】)も、顎関節症の症状の一つと考えられます。一方、「何もしなくても痛む」と言う状態は、厳密に言えば顎関節症ではありません。しかし、診察室を訪れる患者には、何もしなくても痛むケースもあると、あつみ歯科医院では話しています。動かして痛むと言う症状をずっと放置しておくと、筋肉の血行不良が更に進行して、顎を支えているだけで痛むと言う状態になる事があるのです。口を開けると音がする事もあります。顎関節症の症状の一つに、関節雑音があります。「ポキン」「カクン」等、比較的大きな単発音を「クリック音(弾撥音【だんぱつおん】)と言い、「ミシミシ」「ギシギシ」と骨が擦れるような、複数回起こる音を「クレピタス音(軋轢【あつれき】音・捻髪【ねんぱつ】音)と言います。これは、関節円板【えんばん】の周辺部分に圧力がかかった事で出る、摩擦音です。髪の毛を擦った時のキシキシと言う音に似ていると言う患者さんもいます。音がするだけで痛み等の症状が無ければ、治療は必要ありません。顎の周辺、つまり耳のそばで鳴るので、気になってしまう人もいる様です。別の理由で顎が痛くなっているのに、音が気になる事で痛みと音を結び付けてしまう事もある様です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/645-5317a356

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR