FC2ブログ

Latest Entries

歯ぐきの黒ずみを綺麗にしたい!

変色した原因によって治療方法は異なります。歯ぐきの黒ずみの原因で多いのは、メラニン色素の沈着によるものです。これは、タバコを吸っている人に良く見られるもので、喫煙者本人だけに起こるものではありません。受動喫煙によって、子ども等、家族の歯ぐきが黒ずんでしまう事もあると、あつみ歯科医院では考えています。メラニン色素のせいで、歯ぐきの色が暗赤色や黒くなっている場合は、弱いレーザーを当てて沈着部分を取り除けば、元の歯ぐきの色に戻ります。又、肌の古い角質層を落とすピーリングのように、フェノールと言う薬剤を塗って、歯ぐきの表層を剥離【はくり】する治療もあります。いずれの方法も治療時間は数分程度です。どちらの方法も施術直後は歯ぐきがピンク色に成りますが、少し時間が経つとやや濃い目の色になります。タバコを吸う人は治療で一旦色が改善しても、後戻りしやすいでしょう。金属材料の影響の場合は、手術で除去する場合もあります。レーザーやフェノールで改善出来ない歯ぐきの黒ずみもあります。例えば、歯の治療で金属材料を使うと、唾液【だえき】によって、その金属が溶けて歯ぐきに色が付いてしまう事があります。こういう時は、黒ずんだ部分を切除する外科的な治療法が取られます。腫瘍【しゅよう】が出来て、歯ぐきの色が変色する場合もあります。悪性黒色腫【あくせいこくしょくしゅ】の場合は専門的な治療が必要になります。悪性黒色腫は、肌を黒くするメラトニンを作る細胞(メラノサイト)が悪性化した腫瘍です。歯ぐきがより黒っぽく、着色されたように見える事があります。しかし、メラニン色素の沈着による変色と見間違える事は、余り無いと、あつみ歯科医院では考えています。喫煙によるメラニン色素の沈着なのか、治療で使った金属の影響なのか等、歯ぐきの着色の原因は、歯科医師であれば判断出来る事が多いです。いずれにしても、初回の受診でいきなりピーリング等の処置を実施する事はありません。万が一、腫瘍が疑われる場合は、病理組織検査等で鑑別するのが基本です。メタルボンドクラウンで影が出来る事もあります。金属土台を使ったメタルボンドクラウンを装着した為、歯ぐきが黒ずんで見える事もあります。口の中に入った光は、口の内側から歯ぐきを照らします。天然歯は透明感があり光を通すので、外側からは歯ぐきが非常に明るいピンク色に見えます。しかし、金属土台のクラウンを装着すると、光が金属で遮られ、外側から見た時に、歯ぐき部分がやや黒ずんで見えるのです。メタルボンドクラウンによる黒ずみが気になる場合は、光透過性の高いオールセラミッククラウンに変える事も出来ます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/619-c99bd937

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR