FC2ブログ

Latest Entries

いい差し歯・入れ歯の条件とは?

いい差し歯・入れ歯とは自分に合うもの。最後は自分で判断しましょう。かめる、話せる、違和感が少ない・・・。いい差し歯・入れ歯の基準は様々ですが、どんなにいい差し歯・入れ歯であっても異物であることに変わりはありません。また、同一素材の差し歯・入れ歯を使用しても、満足度には個人差があり、差し歯・入れ歯の条件は一概には語れないと、あつみ歯科医院では考えています。歯、あご、舌、顎【がく】関節、筋肉の連携がしっくりくる、かみ合わせやかみ合わせの高さが適切、口へのぴったり感、あごや口の粘膜との相性、かんだ時の筋肉や舌の動きが考慮されている、かみ切り、すりつぶし時のあごの動きを考慮した形で作られている、力学的に正しく設計されているなど、専門的に挙げていけば、「いい歯」の条件はたくさんあると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、実際には装着する本人の評価がもっとも大切です。外れない頑丈なものより、無理な力が加わった時、外れる物の方が残っている歯にとってよかったり、硬すぎるものをかんだら割れたりするくらいのものの方が、脳や粘膜への衝撃が少ないかもしれないです。患者様の要望や体への影響を考えて、柔軟に作られたものが、いい差し歯・入れ歯ともいえます。カタログや各歯科医院のホームページなどに記載されている入れ歯の機能や長所・短所などは、あくまでも最大公約数的な意見です。それらの意見をうのみにすることなく、口の中を診断してもらい、相談しながら自分に合うものを作ってもらいましょう。また、入れ歯のぴったり感は、一発勝負とは考えないほうがいいでしょう。入れ歯は人工物です。そして、いれた本人にしかその装着感はわからないと、あつみ歯科医院では考えています。できるだk具体的に入れた時の感覚を伝え、入れ歯を使う本人と、歯科医の二人三脚で調整しながら合わせていくのが理想です。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/60-a61cc816

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR