FC2ブログ

Latest Entries

どうして歯に色が付くの?

飲食物による着色や薬等による変色、加齢でも黄ばみます。歯の色が濃くなる原因は、着色と変色の二つに大別できます。着色は、飲食物や嗜好品【しこうひん】によって、歯の表面に着色汚れ(ステイン)が付着する事を言います。例えばコーヒーやウーロン茶等色の濃いお茶、漢方薬、赤ワイン等を好んで飲むと歯の表面に色が付き易く成ると、あつみ歯科医院では考えています。カレー等色の濃い食べ物やタバコも歯の色に影響を与えます。変色は、歯の色そのものが変わる事を言います。例えば乳幼児がテトラサイクリ系の抗生物質を服用すると、象牙質に色素沈着が起こり、歯が帯状に茶色や灰色になったり、歯全体が変色したりします。又、フッ素の過剰摂取によって、歯が変色する事もあります。むし歯によって歯に白斑【はくはん】が出来たり、黒ずむ事もあります。エナメル質の発育期間中に打撲等の局所的な原因や、栄養障害、ホルモン以上等の全身的な原因によって、エナメル質に白斑や褐色斑が出来る事もあります(エナメル質形成不全)。歯の色は徐々に濃くなる。加齢も、歯の色を変色させる原因です。年齢を重ねると、エナメル質を構成しているハイドロキシアパタイトの結晶が変化して透明度が上がったり、エナメル質そのものが摩耗【まもう】によって薄く成ったり、繊細な亀裂【きれつ】が生じたりします。その為、内側にある象牙質の色が透けて見え易く、より色が濃く感じられたり、歯が黄ばんで見えたりすると、あつみ歯科医院では考えています。又、食べ物や薬等に含まれる成分は少しずつ象牙質の中に取り込まれて行き、その色素が沈着します。結果、象牙質そのものの色も、年齢と伴に濃く成ります。但し、年齢が重なっても歯の色が変わったからと言って、むし歯に成り易い等、不都合が起こる事は余り無い様です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/593-440d6a1a

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR