FC2ブログ

Latest Entries

フッ素やキシリトールは歯に良いのは何故なの?

歯質を強くしたりむし歯菌の活動を抑えたりします。歯の表面から毎日カルシウムが溶けだしますが、その都度唾液【だえき】の力で歯を修復する、脱灰【だっかい】と再石灰化のサイクルを繰り返しています。カルシウムの溶け出す量が修復する量よりも多いと、歯は弱く成ります。フッ素には、歯からカルシウムが溶け出すのを抑え、エナメル質の修復を促進する作用があるのです。通常のエナメル質の成分である「ハイドロキシアパタイト」の結晶構造を安定化させ、酸に溶けにくい「フルオロアパタイト」を作り、歯の質も強化します。又、フッ素は、むし歯菌が餌となる糖を取り込むのを邪魔します。そして酸を作り出す作用を阻害し、むし歯菌の発育を抑制します。むし歯菌を弱らせるキシリトールは有効だと、あつみ歯科医院では考えています。キシリトールは、カロリーの低い天然素材の甘味料です。むし歯菌はキシリトールを餌と間違って体に取り込みますが、自分の中でエネルギーに変える事が出来ません。その為、むし歯菌が弱り、酸を出さなくなるのです。しかしキシリトールが効かないむし歯菌もいるので、これだけでむし歯が予防出来ると過信するのは禁物です。この力を上手に活用するには、キシリトール入りのガム等を、食事のおやつの後、夜寝る前等、1日3~5回咬む事が重要です。キシリトールの濃度が50%以上の物を選ぶと良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/588-d550c085

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR