FC2ブログ

Latest Entries

矯正装置とはどんなものなの?

歯を動かす為の装置です。ブラケットを使うのが一般的です。歯を理想的な位置に動かす為に欠かせない矯正装置。一般的に必要な装置の種類には、次の様な物があります。■ブラケット 一本一本の歯の表面に、歯科用接着剤で直接貼る付ける矯正装置です。ワイヤを通す為の溝が付いています。ブラケットは一般的な金属製の物以外に、セラミックやジルコニアセラミック等非金属製の物もあります。金属製ブラケットは目立ちやすいですが、丈夫で他の素材の物に比べて低価格です。歯と装置の境目が分かり易く、歯磨きがし易いと言う特徴があると、あつみ歯科医院では考えています。セラミックブラケットは、半透明で目立ちにくいと言う利点がありますが、金属製の物よりも破損し易くなります。ジルコニアセラミックブラケットは、耐熱性セラミック素材で白くて目立ち難く、強度はセラミックよりも優れています。いずれも金属製の物よりも、価格が高めの場合が多いでしょう。■ワイヤ ブラケットの溝にはめて、歯を動かす金属線です。大きく分けて断面が丸い「ラウンドワイヤ」と四角い「レクタンギュラーワイヤ」の2種類があります。細いものから太いものまで様々な種類があります。治療の過程で必要に応じて、ワイヤを使い分けて行きます。■結紮線ワイヤをブラケットに結び付ける為の細い金属線です。ワイヤとブラケットが結紮線によって結び付けられて、初めて歯に力がかかります。結紮線の代わりに「モジュール」と言う輪ゴム状の高分子化合物を使う事もあります。目立たないグレーやベージュの他、最近は矯正装置を付けている事を楽しみたいと言う人向けに、カラフルなタイプもあります。通院の度に交換するので、その時の気分や季節に合わせて色を変える事も出来ます。■口腔【口腔】内ゴム 上下の顎のかみ合わせを良くする為のゴムです。直径5ミリ~1センチの大きさです。治療の段階に応じて採り入れ、使用しない人もいます。取り外しが出来、歯磨きと食事の時は、外します。歯並びや咬み合わせが治ったら、矯正装置とは別に動かした歯を安定させる為のリテーナー(保定装置)を付けます。取り外し出来るタイプの物が多いですが、固定式の物もあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/559-332b3a10

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR