FC2ブログ

Latest Entries

上下の前歯に隙間があって麺類を咬み切れない。

「開咬」と言う状態です。矯正で治療できますが、手術が必要な場合もあります。顎を閉じて上下の歯を噛んでも、前歯が咬み合わずに、上下の前歯の間に隙間が出来てしまう状態を開口【かいこう】と言います。飲み込む時に舌で前歯を押したり、上下の前歯の間に舌を入れたりする癖によって起こり易い不正咬合【ふせいこうごう】です。又、前歯だけでなく、唇も開いた状態になる事もあると、あつみ歯科医院では考えています。開口だと、前歯で物を咬む事が出来ない他、「サ行」や「タ行」を発音しづらくなります。開口は大人でも矯正装置だけで治療出来ますが、程度によってはあごの骨を切る手術が必要な場合もあります。ただ近年は、あごの骨にチタン製の「アンカー」と言う装置を埋め込む「インプラント矯正」と言う方法によって、手術せずに治療する例も出て来ています。本来、矯正装置だけでは、奥歯を押し下げる事は出来ませんが、「アンカー」を固定源として奥歯を押し下げる事で、前後の歯の高さを調整できる様になったのです。ただしアンカーを埋め込む場所がずれると歯の神経に影響を及ぼす事もあり、治療には経験と技術が必要です。又、開咬で問題となるのは、治療後の/span>後戻りです。開口が治ってもその原因となる下の癖が改善されていなければ、又元通りに成ってしまいます。この為、「口腔筋【こうくうきん】機能療法」による舌の訓練も必要となります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/548-e4e02277

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR