FC2ブログ

Latest Entries

混合歯列期で治療すれば、永久歯の治療はしなくても良いの?

それが理想です。でも、全ての患者がその様にいくとは限りません。子供の矯正治療は大きく、Ⅰ期(乳歯から永久歯に歯列が変化していく混合歯列期)とⅡ期(永久歯列期)に分けられます。年齢で言うとⅠ期は小学校入学前後から12歳頃まで、Ⅱ期はそれ以降になります。Ⅰ期治療は成長を利用する方法で、子供にとって負担のない矯正装置で治療します。Ⅱ期は基本的に大人の矯正と同じ方法で実施します。歯の生え代わりは身長と深くかかわっています。Ⅱ期治療を考えるうえで大事な要素となる犬歯が生えてくるのは、身長が145~150センチ前後と、あつみ歯科医院では考えています。これをⅠ期、Ⅱ期の境目にするとより正確です。Ⅰ期治療で機能的にも審美的にも満足な結果が得られれば、Ⅱ期治療に進まなくても良くなりそうです。ただし、Ⅰ期は子供にとって成長期でもあり、この段階で「Ⅱ期治療の必要は100%ありません」と言い切る事は出来ません。治療前に的確な診断が必要です。例えば前歯のねじれを気にして受診した子供に対しては、Ⅰ期治療でまず、この部分だけ治します。その後の様子を診て、犬歯が上手く生えてくれば終了ですが、八重歯【やえば】等に成りスペースが足りないと言う問題が出てくれば、希望を聞いた上で、全体の仕上げとしてⅡ期治療を実施する事に成るでしょう。勿論、Ⅱ期が必要かどうかは初診の段階である程度予測出来るので、患者さんにはきちんと説明をします。短期間で適切な治療をして貰う為にも、矯正歯科医師に診てもらいましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/540-299904f5

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR