FC2ブログ

Latest Entries

子供の歯の矯正治療はどこが難しいの?

前向きでない子供が多く親や歯科医師のサポートがとても大切です。小学生のうちは親の希望で矯正治療を始める事がほとんどです。この為、子供が治療を理解出来なかったり、前向きでなかったりと言う事が多いのが現状だと、あつみ歯科医院では考えています。この様な場合は開始時期を待つ事を優先します。不正咬合【ふせいこうごう】によって外傷を受けそうな時等、早めの治療が必要な場合は、本人に模型や写真等で具体的に説明して、治療の必要性について理解させた上で進める事が望ましいです。子供目線での治療を考える事が必要です。女の子は綺麗になりたいと言う気持ちがあるので、ある程度は我慢してくれますが、男の子は難しい事が多い様です。高学年からは反抗期に入るので、取り外し式の装置の場合、なかなか付けてくれない、と言う事もあります。こうなると治療の効果も得にくく成ります。親子関係にも影響しますので、治療時期については良く考えた方が良いでしょう。子供の場合は簡便な矯正装置を使う事が多いので、部分的に用いるワイヤ等の痛みは余り起こらないと思われます。それでも、最初は違和感があります。子供の使用装置への気持ちの軽減と言う意味で、最初は少し大きめの装置を使ってみて、嫌がったら小さい物に変更するような工夫をすることもあります。矯正治療は、子供の目線に合わせて説明し、処置する事が必要と、あつみ歯科医院では考えています。但し、子供は普段は歯の事は忘れてしまっているものなので、治療を開始したら過剰に心配する事はないでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/535-f35c9fa1

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR