FC2ブログ

Latest Entries

子供の矯正治療に使う装置はどんなもの?

むし歯に成り難く違和感が少ない装置を使います。子供の矯正装置は、口の中に入れる装置と、一部を顔の外に使うものとに分ける事が出来ます。口の中に入れる矯正装置は治療を受ける子供の事を考え、違和感が少なくて、目立たない物をあつみ歯科医院では使う事が多いです。舌側弧線【ぜっそくこせん】装置や床矯正【しょうきょうせい】装置等があります。「舌側弧線装置」はリンガルアーチとも呼ばれます。最も基本的な固定式装置で、歯の裏側に付けます。上あごの左右第一大臼歯【だいきゅうし】を固定源にして、一~二つの歯を様々な方向に移動させる事が出来ます。軽い反対咬合【はんたいこうごう】(下顎前突)に効果を発揮する事もあります。様々な種類の矯正装置があります。「床矯正装置」は叢生【そうせい】の治療に使われます。歯が埋まっているあごの骨が少なく、永久歯の並ぶ隙間が足りない場合に効果的だと、あつみ歯科医院では考えています。装置にネジが埋め込まれており、装着の際にはこのネジを回して広げます。これにより歯を動かすのです。小学校低学年で使う場合は、歯が埋まっている骨を動かす効果もあると言われています。この他、乳歯の反対咬合に使われるムーシールドや上顎前突【じょうがくぜんとつ】に使うフランケル等も矯正装置の一種です。口の外に使う物で代表的なのは「チンキャップ」と「ヘッドギア」でしょう。チンキャップは矯正装置の中で最も歴史が古い物の一つで、反対咬合に使用する装置です。頭から被り、下のあご当て部分と帽子の部分にゴムをかけて使います。チンキャップで骨を縮める事は出来ませんが、骨の成長の方向を変え、下あごの過度の成長が抑制される事を期待します。反対咬合にはこの他に、上あごの成長を促進する「上顎前方牽引装置【じょうがくぜんぽうけんいんそうち】」や「フェイシャルマスク」等もあります。ヘッドギアは主に上顎前突に使う矯正装置です。首の後ろ、あるいは頭の後ろからベルトを回し、口の中の矯正装置にヘッドギアの装置をひっかけます。学校から帰宅したら使用し、夜、眠る時も使います。万能な矯正装置はありません。ただ、装置は必ずしも万能ではありません。例えば床矯正装置を使うと「歯の並ぶスペースが出来て、デコボコが治るので、将来、歯を抜いて矯正しなくても良い」と言ったことが良く聞かれます。しかし、歯の大きい人ではデコボコは治っても、歯が外側に向いてしまい、上顎前突に成ったり口元が膨らんでしまったりと言う様な事もあります。大事なのはその子供の歯が将来、どの様に成長していくかを的確に予想する事です。そして、それぞれの子供に合った治療をする事だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/530-f4ae3907

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR