FC2ブログ

Latest Entries

子供の出っ歯を治してあげたい!

上あごや下あごの成長を利用する治療法があります。上顎前突【じょうがくぜんとつ】には歯の傾斜による場合と、上あご全体が下あごに比べて大きい場合(骨格性)とがあります。前者は、成長期に鼻やのど等の病気があって正しい鼻呼吸が出来ず、口呼吸を長く続けていたり、舌癖【ぜつへき】や指しゃぶりをしたりと言う事が原因に成ります。後者の骨格性には遺伝的な要素もあります。もともと、日本人の骨格は上顎前突に成り易いと、あつみ歯科医院では考えています。歯の傾斜だけであれば、一部分の歯を矯正して移動させることが可能です。骨格性の場合は、ヘッドギア等で上あごの成長を抑える治療が適当な場合もあります。成長期に下あごの成長を促す目的でヘッドギアを使う治療もあり、これにより、上顎前突が改善されるケースもあります。又、思春期に入ると下あごが旺盛に成長してきます。この時期にヘッドギアを使い、数カ月で上顎前突が改善した子供もいます。ヘッドギアの使い方にはコツがあります。面長【おもなが】の人もいれば四角い顔の人もいるように、あごの伸びる方向は人それぞれ違います。それによってヘッドギアの使い方にも工夫が必要になります。注意しなければならないのは下あごが下向きに時計回りの様な回転を伴って伸びてしまうタイプです。この様な場合は装置を使用する方向に気を付けないと下あごがますます後ろの方に位置を変え、結果として、上顎前突の症状が悪化してしまうと言う様な事態に成ります。上あごの骨全体や上あごの前歯全体が前方に突出している様な場合等で、抜歯が必要になるケースもあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/521-938e8c3e

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR