FC2ブログ

Latest Entries

入れ歯にはどんな種類があるの?

金属やシリコン床、磁石で固定させるもの等、保険外なら選べます。入れ歯には、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分義歯)があります。いずれも、「床(しょう)」と呼ばれる歯肉にあてる部分に、人工の歯が乗る形をしています。総入れ歯は、この床が歯肉に吸い付くように密着する事で、固定性を得られる様に作られています。一方、部分入れ歯は、「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを残った歯に引っ掛けて、はめ込みます。そうした違いはありますが、いずれも保険内で作る場合には、床にレジンと呼ばれる、歯肉に近いピンク色をした歯科用プラスチック樹脂が使われます。これを「レジン床」と言います。レジン床は、口の中の形が変わった時に修正しやすいと言う利点があるのですが、食べ物の熱が伝わり難く、味気なく感じると言う欠点があると、あつみ歯科医院では考えています。又、部分入れ歯の場合、クラスプが外から見えて、見た目が良くないとと言う難点もあります。様々なタイプの入れ歯がありますが、一長一短もあります。こうした点を気にする人の為に、自費(保険外)で高額になりますが、様々なタイプの入れ歯を作成する事が、可能です。まず、代表的なのが「金属床義歯」です。床が金属なので薄く出来、食べた時に熱が伝わり易い利点があります。ただ、レジン床よりは修正がしにくいと言う難点もあります。費用は使う金属によって異なりますが、20万~50万円程度です。入れ歯を嵌めると痛いと言う人には、柔らかいシリコンで出来た「シリコン義歯」があります。ただ、修理がしにくい、汚れが付き易いと言う問題もあります。費用は10万~20万円程度です。部分入れ歯のクラスプになじめない人には、入れ歯に磁石を付けて、その力で入れ歯を安定させる「磁性アタッチメント義歯」があります。費用は1本の歯につき1万~10万円程度で、別に義歯の代金が必要となります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/466-90b294ac

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR