FC2ブログ

Latest Entries

ブリッジは、どうやって作るの?

両隣の歯を削ってブリッジを設置したら、かみ合わせを調整します。歯を失った所の両隣の歯を支えにして、橋を架けるようにして人工の歯を作るのがブリッジです。クラウン(冠)と同じように被せるので、先ずは両隣の歯を削らなくてはいけません。通常、両隣の歯は、厚みにして1~1.5ミリ程削り込むので、傷まないように局所麻酔をします。次に、歯型を取って模型を作ります。支えとなる歯だけでなく、その隣の歯や咬み合う相手の歯、歯ぐき等と形状が合わないと、かみ合わせが悪く成ったり、歯肉が炎症を起こしたりする事があるので、配慮してブリッジを、あつみ歯科医院では作ります。また、白い硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)やセラミックのブリッジにする時には、周りの歯と調和した、自然に見える色にする事も重要です一度固定したら、取り外し出来ません。完成したブリッジが歯科医師のもとに届けられたら、いよいよ装着です。ただし、そのまま使えるわけではありません。ブリッジを削って高さを調整し、かみ合わせを調整します。調整が終わったら、歯科用セメントで固定します。通常のタイプだと一度固定すると、入れ歯の様に取り外し出来ません。ですから、違和感のない様に、しっかり調整をして貰って下さい。自分の歯と合うように作られていれば、違和感が少なくかむ事が出来るようになるでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/457-02603a94

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR