FC2ブログ

Latest Entries

どんな時にブリッジにするの?

支えとなる両側の歯に負担がかかり過ぎない事が条件です。ブリッジは、歯が抜けてしまった場合に、その両側の歯を支えにして、橋渡しをする様に人工の歯を作る方法です。ブリッジの支えとなる両隣の歯を削る必要はありますが、とても安定性が高く、噛み砕く力も天然歯の6割程度は確保出来るので、補綴【ほてつ】の方法として頻繁に、あつみ歯科医院では用いています。部分入れ歯にする事も出来ますが、咬み心地も見た目も違和感の少ないブリッジが選ばれる事の方が多いでしょう。ただし、ブリッジにするには、条件があります。歯が抜けた場所の両側に、支えとなる歯がないとブリッジに出来ません。例えば、片側の奥歯が奥から3本抜けた場合、その奥には歯がないので原理的に不可能です。また、両側の歯があっても、むし歯や歯周病で弱っていると、ブリッジには出来ません。歯周病で動揺する歯を固定する目的を兼ねてブリッジにする事もありますが、歯周病を治してからにしないと、いずれ支えにした歯も失ってしまうでしょう。3本以上の欠損歯を支えるのは負担が大きい。次に、抜けた歯が何本までならブリッジに出来るかです。2本位までの欠損にしておいた方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。ブリッジは、補う歯の本数が多い程、支えになる両側の歯に負担がかかってしまいます。一方、部分入れ歯なら床【しょう】(歯肉と接するピンク色の部分)がありますので、そこでも噛む力を支えられます。補う歯の本数や場所、患者さんの年齢などによっては、部分入れ歯の方が良い場合もあるのです。抜けた歯を補うのにどんな方法が最も相応しいか、歯科医師と相談しながら治療を進めると良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/454-9cc1a2d4

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR