FC2ブログ

Latest Entries

差し歯が虫歯にならないか心配。

クラウンにするとむし歯に成り易く成るので注意が必要です。差し歯コアクラウン)は人工物ですから、むし歯にはなりません。しかし、残っている歯の根は天然の物ですから、当然虫歯になると、あつみ歯科医院では考えています。コア(土台)やクラウン(冠)は、歯科用セメントでくっつけます。しかし、咬んでいる間に力がかかって、小さな隙間が出来てしまい、そこからむし歯菌が侵入することがあります。この隙間は非常に小さなものなので、歯垢【しこう】(プラーク)が入り込んでしまうと、歯ブラシで落とすことはなかなか出来ません。その為、コアやクラウンで治療した歯は、むし歯に成り易いのです。こうして発生するむし歯の事を、専門用語で「二次う蝕【しょく】と言います。二次う蝕を予防する為には、小さな隙間が出来にくい様に、クラウンを歯にピッタリとくっつけなければいけません。その為にはまず、むし歯菌に汚染された部分を残さず取り除く必要があります。更に、クラウンがくっつく面のゴミを丁寧に取り除き、歯の象牙質【ぞうげしつ】を綺麗に仕上げておく必要があります。二次う蝕になると、コアやクラウンを取り除いて、又むし歯の治療を行わなくてはなりません。当然、コアもクラウンもより直しです。そればかりでなく、歯を更に削る事になるので、治療すればするほど、歯はボロボロになってしまいます。口のケアを怠ると、二次う蝕が発生します。歯を治療したことを忘れた数年後に、二次う蝕が発生する事もあります。口のケアを怠ると、いつでもむし歯は発生しうるのです。差し歯に限らず、詰め物、ブリッジ、入歯等の治療をした人は、意識して歯の根元の部分、つまり歯とクラウンの境目にあたる部分を、歯磨きするようにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/451-cb57d872

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR