FC2ブログ

Latest Entries

差し歯・入れ歯が壊れた!修理できるの?

出来ますが、強度が落ちる可能性があります。差し歯、ブリッジ、入歯等の補綴物【ほてつぶつ】は、噛む力に耐えられるように作られています。しかし、どんなに頑丈な物でも、欠けてしまったり、折れてしまったりする事はあります。そうした場合、出来れば修理して使いたいという人が多いと、あつみ歯科医院では考えています。それが長年愛用してなじんだ物や、自費(保険外)の高価な物だった場合には特に、そのように思うでしょう。修理できるかどうかは、補綴物の材料や種類によります。保険診療で、前歯の差し歯(クラウン)として使われる「硬質レジン前装冠【ぜんそうかん】」は、金属の中身に白い硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)を張り付けて作られています。したがって、これが欠けたり、剥がれたりした場合は、硬質レジンを追加して補ったり、全体を張り直したりする事が出来ます。作り直した方が、完全に綺麗になります。自費診療の、セラミックのクラウンの場合はどうでしょうか。少し欠けた程度なら、その部分を削ったり、埋めたりして、修理出来ない訳ではありません。しかし、割れたり、外れたりした場合は、ほとんど修復不可能です。次に、入れ歯の場合です。保険診療で作られる入れ歯は、床【しょう】(歯肉にあてるピンク色の部分)がレジンで作られています。ですから、床がひび割れた場合は、そこをレジンで埋める事が可能です。ただし、床が厚くなると言う難点はあると、あつみ歯科医院では考えています。また、部分入れ歯で金属のバネ(残った歯に引っ掛けるための金具)が折れた場合も、金具を入れ替える等して、修理する事は可能です。この様に、差し歯(クラウン)や入れ歯を修理して、大事に使い続ける事は出来ます。しかし、積極的にお勧め出来る事かと言うと、そうでもない時もあります。修理が困難なケースもありますが、「どうしても」と言われれば、修理しない訳ではありません。しかし、修理した部分の強度は、どうしても落ちてしまいます。修理する費用や手間を考えると、特に古くなった物は作り直した方が、患者さん自身にとっても良いと思われる事もあります。自費でも、入れたばかりのクラウンや入れ歯が破損した場合は、保証の範囲内で作り直してくれる事が多いでしょう。ただ、何年も経った物が破損した場合は、「寿命」と諦めるべきかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/442-edf78027

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR