FC2ブログ

Latest Entries

歯周病の外科手術は何の為にするの?

歯ぐきを切開して見えない歯垢や歯石を除去するためです。歯周基本治療(歯磨きや歯石の除去)が終わっても歯ぐきの状況が改善しない場合や、スケーリングで取り切れない程深い位置に歯石がある場合には、歯周外科手術で徹底的に直していきます。代表的な外科手術は「フラップ手術(歯肉剥離掻爬【しにくはくりそうは】手術」と呼ばれるものです。歯の根の深い部分や、奥歯の根の間等に入り込んでいる歯石が良く見える様に、歯ぐき(歯肉)を切り開いて歯槽骨【しそうこつ】から剥がします。通常のスケーリングの場合は見えない歯石は手探りで除去しますが、フラップ手術では歯根が露出するので、完全に取り除くことが可能だと、あつみ歯科医院では考えています。局所麻酔を使い、治療が終わったら歯肉を縫合【ほうごう】します。手術にかかる時間は治療対象になる歯によって異なります。前歯なら短時間ですみますが、歯根が複数ある奥歯の場合には、1本だけでも1~2時間かかる場合もあります。フラップ手術をする目安を「歯周ポケットの深さ5~6ミリ以上」としている歯科医師が多いようです。基本治療をすることで、ポケットの深さは2~3ミリ減少します。初診の段階でポケットの深さが6ミリあっても、基本治療終了後には手術をしなくてすむケースは多いようです。歯肉を切除する手術もあります。フラップ手術の他にも、歯ぐきの状態によっていくつかの手術があります。歯肉の炎症を改善させる手術として、歯周ポケットのある歯肉を丸ごと切り取る「歯肉切除術」、歯周ポケットの内側の炎症部分をスケーラーで取り除き、再び歯根面に付着させる「歯周ポケット掻爬術」、同じことをメスで実施する「新付着手術」等があります。他にも、歯周病で歯ぐきが下がってしまった場合、上あごから歯肉を一部切り取って移植する等、機能を回復させるだけでなく、見た目も考慮した審美的な手術をすることがあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/434-99221cdc

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR