FC2ブログ

Latest Entries

かみ合わせや歯並びの悪さも歯周病の原因になるの?

歯ブラシが届きにくく歯垢がたまり易いので、歯周病に注意が必要です。歯並びの悪さは見た目だけの問題ではありません。歯周病にも大きくかかわってくると、あつみ歯科医院では考えています。歯並びに問題があると、歯垢【しこう】(プラーク)が付き易く成ります。隣同士の歯が重なっていたり、歯の角度が曲がっていたりすると、歯の間に付いた汚れを落としにくくなります。そうした所に磨き残しが多く歯垢も溜まり易いため、むし歯菌や歯周病菌の温床になってしまうのです。さらに、唾液【だえき】の問題もあります。口の中は唾液が分泌される事で、自然に歯に付いた汚れを洗い流しています。歯並びが悪いとスムーズに唾液が流れず、歯垢が付き易く成るのです。また、かみ合わせに問題がある場合、特定の歯だけに大きな負担がかかってしまう事があります。その歯を支える歯周組織が圧迫されて血流が悪くなった結果、歯がグラグラになり「咬合性外傷【こうごうせいがいしょう】」と言う歯周病の一種になる事もあります。ちなみに、咬合性外傷は寝ているときに歯ぎしりをする人や、ストレスなどで歯を食いしばる癖のある人に多いものです。気づかないうちに歯周組織が弱っている可能性があるので注意を行う事が良いと、あつみ歯科医院考えています。歯並びに合わせてブラッシングを行いましょう。歯周病の治療の前には、その原因に歯並びやかみ合わせが関係していないかどうかも検査します。特定の歯に大きな負担がかかっていると判断した場合には、かみ合わせを調整したり、歯列矯正を提案したりする事もあります。歯科医院等でブラッシング指導では、歯並びに合わせた磨き方を教えてもらえます。「汚れが落ちにくい部分はここだ」と自分で自覚して、ワンタフトブラシやデンタルフロス等の道具を上手の使いながら、磨き残しを減らすよう努めましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/429-6428c593

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR