FC2ブログ

Latest Entries

たばこを吸っていると歯が抜けるの?

喫煙は歯周病最大の危険因子です。しかも、治りにくくなります。たばこの煙には「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」と言う3大有害物質が含まれています。がんや呼吸器疾患のリスクが高まることは知られていますが、歯周病も例外ではありません。たばこの煙が最初に触れる口の中にこそ、有害物質の影響を受けやすいと、あつみ歯科医院では考えています。タール(ヤニ)が付着した歯の表面は、ザラザラして歯垢【しこう】(プラーク)が付き易く成ります。それだけではなく、特に問題なのは、体の抵抗力が弱まることです。歯周病は、細菌と免疫細胞との闘いですから、体の抵抗力が強ければ歯周病にかかりにくいですし、かかっても治りやすいのです。しかし、喫煙者の場合、歯肉や口の粘膜から吸収されるニコチン等が免疫細胞の正常な機能を奪うため、細菌が侵入しやすくなります。同じ理由で傷を治す細胞の働きも鈍るので、歯周病の治療を受けても歯科医師や歯科衛生士が期待したように治らず時間もかかります。しかも、喫煙者の歯周病は、歯肉の赤みや腫【は】れに気が付かないまま進行する事が多いのです。また、目立った症状も少ないので、気が付いたら手遅れと言う事もあります。断然、禁煙するのが良い。幾つかの調査結果から、喫煙本数が多ければ多い程、歯周病に成り易いと言う事が判明しています。禁煙するのは簡単ではありませんが、禁煙外来のある病院等を受診するか、ニコチンパッチや禁煙ガム等を利用して、禁煙に挑戦してみましょう。禁煙すれば歯周病だけでなく、がん、脳卒中、心臓病等、多くの病気のリスクも下がります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/428-4157fdce

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR