FC2ブログ

Latest Entries

歯周病の検査はどんな事をするの?

歯周ポケットの深さや歯槽骨の状態等を調べます。歯周病治療の第一歩は、口の中がどの様な状態なのか確認する事です。その為に次の様な検査を、あつみ歯科医院では行っています。①歯の汚れ具合。歯周病の原因は歯垢【しこう】(プラーク)です。プラーク染め出し剤と言う赤い液体を歯に付着させる事で、歯垢が何処についているのかを調べる事もあります。②歯周(歯肉)ポケットの深さの測定。プロービングと呼ばれ、歯周病の進行状態を調べる重要な検査です。使うのは「歯周プローブ」と言う先の丸くなった細い針の様な器具で、先端の方には目盛りが付いています。この先端を歯と歯ぐきの隙間に差し込み、隙間の入り口から一番深い部分までの長さを測定します。プローブは、歯の周り数カ所に差し込みますが、この検査の時に炎症がある部分に出血があるかどうかも確認します。③歯の動揺度。歯周組織が破壊されてくると、歯がグラグラと動く様に成ります。ピンセット等で歯をつまみ、前後左右上下にどの程度動くかを調べます。④画像検査。歯槽骨【しそうこつ】が失われているかどうかは、外から肉眼で見ても分かりません。X線写真で歯の周りの骨の形や位置等を診ます。歯周炎にかかっていると、歯の周囲の骨が無くなり、その部分が黒く写ります。その他、色紙を使って咬み合わせを診て、一部の歯に咬む力の過剰な負担がかかっていないかを確認したり、口の中の記録写真を撮影したりする事もあります。前記の従来からの検査でわかるのは、歯や歯ぐき周辺に現時点で起こっている事ですが、更に詳しく「口の中の環境は歯周病とは縁遠い環境か」「何か他の危険が迫っていないか」等、先を見通すような検査も始まっています。⑤新しい検査方法も登場しています。その一つが、プラークの細菌検査で歯周ポケットの中からプラークを採取し、悪さをする歯周病原細菌がどの位いるのか調べます。菌の存在や種類が分かれば、早く対処する事が可能です。他にも、唾液【だえき】や歯周ポケットからの滲出液【しんしゅつえき】を採取し、酵素等の含まれる物質を調べて、歯周病にかかっている状況を知る検査もあります。血液検査や尿検査の様に、唾液検査も、将来的には健康診断の場では、欠かせない検査方法になるかもしれませんが、現在は健康保険での適用には成っていないので高額な検査に成っています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/414-7429e626

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR