FC2ブログ

Latest Entries

歯周病は子供や若い人でもかかるの?

20代でも約7割に歯周病の傾向が見られます。「歯周病なんて、年配の人がかかる病気」。そんな印象を持っている人も多いかもしれません。10代から20代でも、7割ほどに歯周病の兆候が見られます。歯周病と言っても、若い世代はほとんどが歯肉炎です。特に高校生の歯肉炎が増えています。歯肉炎は痛みもなく、急激には進行しませんが、歯肉炎のままで年齢を重ねると、30代から40代で歯周炎へと進行し、早いうちに歯を失う危険があります。若い時から、歯肉炎を治す意識を高めたいものだと、あつみ歯科医院では考えています。若い人がかかる悪質な歯周炎もあります。一方で、若い人がかかる歯周炎もあります。「侵襲【しんしゅう】性歯周炎」と言い、比較的年齢の若いうちに重症化する歯周病で、急激に歯槽骨【しそうこつ】が失われる等、進行がとても速い事が特徴です。歯垢【しこう】(プラーク)が余り付いていなくても症状が出る事があります。また、遺伝性の歯周病(パピヨン・ルフェーブル症候群)は、乳歯の段階で発症します。一般的な歯周病は慢性疾患でじわじわと症状が進みますが、侵襲性歯周炎や遺伝性の歯周病等は急速に進む歯周病です。どちらも非常に稀なケースですが、子供の歯ぐきから出血がある場合、歯磨きをこまめにチェックすれば病気にも気付けるでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/413-9ed690ce

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR