FC2ブログ

Latest Entries

歯の根の治療後、何年も経って、再治療になる事があると聞いた。

残念ながら本当です。しかも、再治療の成功率は初回治療よりも低下します。歯内療法の成功率については、様々な報告がありますが、一般に、無菌的環境下で実施された、初回の根の治療では90%前後と、あつみ歯科医院では考えています。日本で実施される根の治療の内、初回治療は約3分の1で、残る3分の2は再治療です。やり直しが多いのは、現在の保険制度の下で、時間をかけた丁寧な治療をしたら、経済的に成り立たない事が根本的な問題です。再治療になる原因として多いのは、初回治療で根管の内容物が取り切れなかったり、根管の中を無菌状態に出来なかった、器具が突き抜けて根管に穴を開けてしまった、根管内に折れた器具が残った、充填【じゅうてん】が不十分だった等です。その結果、治療後何年も経ってから、根の先に膿【うみ】が貯まる等の症状が現れます。根管の再治療は、とても大変です。こうなると再治療が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、再治療は初回治療よりずっと難しくなります。すでに何年も歯髄【しずい】がない状態なので、歯がもろくなってヒビが入っていることがありますし、根管は削られて薄くなっています。しかも、別の歯科医師が治療した根管は、予想のつかない状態なので、とても大変です。北欧の報告では、無菌的環境下での初回治療の成功率は、抜髄【ばつずい】が98%、根尖【こんせん】病変があって顎の骨が溶けている症例でも86%です。それが、2回目の治療になると62%まで低下します。再治療以外の選択肢としては、抜歯しかありません。歯は出来るだけ残した方が良いので、成功率が低くても治療を受ける事をお勧めします。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/404-7c326e5b

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR