FC2ブログ

Latest Entries

歯の神経は取ったはずなのに咬むと痛い。

歯の周りの神経が刺激を感じています。根の先に病気がある可能性もあります。歯根【しこん】の周囲は、歯と顎の骨の間でクッションの役目をする「歯根膜」で取り囲まれています。歯根膜の神経は敏感で、炎症があると、普通に咬んだ位の刺激でも反応すると、あつみ歯科医院では考えています。その為、もう神経は無いのに、歯が痛いと感じるのです。咬んだ時に痛むのは、根の先の骨の中に炎症があるからだと、あつみ歯科医院では考えています。これを、「根尖【こんせん】病変」と言います。歯髄【しずい】と歯根膜は繋がっているので、歯髄の炎症の影響は容易に歯根膜の及びます。根の治療をしても、内容物を取り残すとじわじわ感染が進み、何年も経ってから根の先に病巣をつくるのです。根の治療中には器具が歯根膜に接触しますが、これも痛みの原因になる事があります。炎症が進むと、歯ぐきが腫れて膿【うみ】が出る事があります。膿が歯と歯ぐきの境目から出ているなら歯周病ですが、区別が付きにくい事もしばしばです。膿が溜まった場合は、歯ぐきにお出来の様な物が出来ます。咬むと痛いなら、早めに歯科医院を受診して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/401-2efa2827

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR