FC2ブログ

Latest Entries

歯の根の治療はどんな流れで進んで行くの?

抜髄と似ていますが、根管の内容物を除去した後、しっかり消毒を行います。治療前にレントゲン写真を撮って根管【こんかん】の状態を確かめ、むし歯の部分と歯髄腔【しずいくう】の上の象牙質【ぞうげしつ】を完全に取り除きます。ここまでは、抜髄【ばつずい】の手順と変わりません。局所麻酔は必要であれば行われます。歯髄腔の屋根は、内容物の取り残しや消毒の不完全さを招かない様に、丁寧に取り除きます。歯髄腔の壁を少しずつ削って空間を広げ、中の腐った組織や細菌を取り除き、内部を洗います。中が綺麗になると、根管の入り口が見えてくるので、電気的根管長測定器により根管の長さを測って、リーマーやファイルに突き抜け防止のストッパーを付けます。まず、歯髄腔の壁と根管がスムーズにつながるよう、根管の入り口を漏斗【ろうと】状に拡大してから、根管を広げて行きます。1ミリ先に進ませるだけでも1時間以上かかる事もあります。言葉にすれば簡単ですが、曲がったq根管を滑らかに広げるのは至難の業です。壁に段差が出来ると充填【じゅうてん】が上手くいかず、感染の原因になりかねませんし、複雑な形の根管には、器具が届かない事もあると、あつみ歯科医院では考えています。複雑な根管は、1ミリ先に進ませるだけでも1時間以上かかる事もあります。それを、根気良くどこまでやるかで、この治療の成否が決まると言って良いでしょう。その後、内部を洗って、次亜塩素酸ナトリウム等で洗浄、消毒し、ペースト状の水酸化カルシウム製剤等を歯の中に入れて、セメントなどで蓋をします。治療は通常、数回かかるので、1回ごとにこの作業を行います。根管内が無菌になって炎症が鎮まったら、ガッタパーチャを歯髄腔に入れ、隙間をセメントで埋めて、】充填を完了します。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/395-2ff043d0

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR