FC2ブログ

Latest Entries

神経を抜く治療はどんな流れで進んで行くの?

むし歯を削って歯髄を取り、根管を整えます。次に充填します。神経を抜くとは、神経を含めた歯髄【しずい】を除去すると言う事で、これを「抜髄【ばつずい】」と言います。多くの場合、歯髄を抜いて仮の封をし、炎症が引いてから充填【じゅうてん】をするので、最低2回の通院が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。抜髄針で歯髄を絡め取る。治療前にX線写真を撮って、歯髄腔【くう】の形や根管【こんかん】の曲がり具合等を確認します。局所麻酔をした後、むし歯になっているエナメル質象牙質【ぞうげしつ】を削ります。歯髄腔の屋根にあたる部分は完全に除去し、歯髄を露出させます。まず、リーマーファイル(いずれも、細い針の先がらせん状の刃になっている根管拡大用の器具)で歯髄腔の入り口を広げます。根管が太い場合は、抜髄針(先端付近にとげが付いている)で歯髄を絡め取り、針を回転させながら引き抜きます。この方法だと、根管の奥の歯髄まで、ある程度まとまって出てきます。細い根管には抜髄針が使えないので、リーマーやファイルで出来るだけ取り除きます。抜髄と言っても、歯髄を取っただけでは終わりません。感染が起きないよう、空洞になった根管を緊密に密閉する為に、充填剤の形に合わせて根管を広げ、形を整えます。根管に手を着ける前に、電気的根管長測定器を用いて根管の長さを測り、リーマーやファイルが根の先から突き抜けてしまわない位置にゴムのストッパーを付けます。そして根管の入り口を漏斗【ろうと】状に拡大し、根管の太さや曲がり具合等に応じて器具を替え、根管を綺麗な形に広げます。その後、根管内を洗って乾かし、消毒作用のあるペースト状の水酸化カルシウム製剤等を根管内に注入して、セメントなどで仮封をします1,2週間後、痛みや歯髄の取り残しがなければ、根管内を洗って乾かし、ガッタパーチャと言う、ゴムの様な弾力のある充填剤を根管内に入れます。隙間はセメントで埋め、最後に、入口に硬いセメントで蓋をする事が、多いとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/393-88a5c4fb

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR