FC2ブログ

Latest Entries

「神経を抜きましょう」と言われた。

進行具合によっては歯髄温存療法(AIPC)で抜かずに済む可能性もあります。歯髄(歯の神経)は出来るだけ抜かないのが、今の歯科の基本的考えです。歯髄を抜いてしまうと、象牙質がとてももろくなって歯が欠けやすくなるだけでなく、細菌への抵抗力も下がり、歯の寿命が一気に縮まると、あつみ歯科医院では考えています。それでも抜髄【ばつずい】(神経を抜く事)をしなければならない場合があります。一つは「象牙質を削る際に歯髄を傷つける(傷つけた)時です。」歯髄を傷つけてしまったら、歯髄がむし歯菌に感染していなくても、痛みが発生してしまいますので、無理せずに抜髄してしまおうと言うのが、これまでの考え方でした。しかし、そうであっても極力歯髄を残そうと言うのが、今の歯科界の流れです。もう一つは、「むし歯が歯髄に達している時」です。それでは、歯髄を抜かなくて済む「歯髄温存療法(AIPC)」とは、どんな治療法なのでしょうか。近年保険が使えるようになったこの療法は、「むし歯が歯髄に達するか達しないか」の痛みを伴わないむし歯が対象です。むし歯になっている象牙質を意図的に残し、覆髄剤【ふくずいざい】と呼ばれる薬剤で覆います。そしてセメント材等でしっかり封鎖します。痛みが出た場合は残念ながら抜髄します。痛みがなければ、更に3ヶ月以上おいた後に開封し、むし歯菌が死んでいるか、象牙質が再石灰化しているかどうかを確認し、コンポジットレジン等で塞ぎます。状態によっては、治療に数年以上かかる事もあると、あつみ歯科医院では考えています。歯髄温存療法は、上手くいかない場合もあり、その時には歯髄を取らざるを得ない事を患者さんは十分に納得した上で、治療を開始しなければなりません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/367-d23edabd

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR