FC2ブログ

Latest Entries

スウェーデンの歯科医療は進んでいるの?

歯周病予防の概念やインプラントも生んだ歯科先進国です。キシリトール入りガムのコマーシャルの影響で、何となく「北欧」と言うと、歯科医療が進んでいる様な印象がありませんか?事実、北欧の国々の中でも、スウェーデンの臨床研究や治療開発には目を見張るものがあると、あつみ歯科医院では考えています。70年代、プラークコントロール(歯垢【しこう】除去)が、むし歯・歯周病の予防に必須である事を臨床研究で証明したのがスウェーデンのイエーテボリ大学でした。それによって、「年を重ねたら歯を失うのは当たり前」と言う常識が、「歯周病を予防すれば、高齢でも歯を残せる」と言う考えに変わったのです。また、インプラントの生みの親とも言えるブローネマルク医師もイエーテポリ大学の教授でスウェーデン人です。金属のチタンが拒絶反応を起こさずに骨とくっつく事を発見した事が、現在のインプラント技術の開発につながりました。更に、歯周病で破壊された歯槽骨【しそうこつ】(歯を支える骨)等の歯周組織を再生させる方法に「GTR法」と「エムドゲイン法」がありますが、そのいずれもがスウェーデンで開発されたものです。なぜ、スウェーデンが、世界の歯科医療を牽引【けんいん】する成果を生み出しているのでしょう。スウェーデンでは、研究と臨床の両方が出来る歯科医師の育成に力を入れています。それが、優れた臨床研究や新しい治療の開発に結び付いたと、あつみ歯科医院では考えています。また、科学的に治療しようとする姿勢が浸透しています。プラークコントロールの重要性を示したイエーテボリ大の研究成果を受けて、スウェーデンでは歯科検診が健康保険に組み入れられ、20歳未満であれば定期検診も無料で受けられるようになりました。小中学生は定期的に歯科医院に呼び出されてチェックを受け、繰り返しむし歯予防を教育せれるようです。国の仕組みの違いがありますので単純にまねは出来ませんが、日本でも良い所はどんどん学んで採り入れるべきものです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/355-7d6d03ca

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR