FC2ブログ

Latest Entries

ラミネートベニアやクラウンはどれくらいもつの?

その人の口の環境によって変わります。ラミネートベニアジャケットクラウンの耐久年数は、通常の歯科で受ける詰め物などの治療と同じ程度と考えて良いでしょう。最近はラミネートベニアやクラウンに使用するセラミック(陶材)の質が向上しているので、人工物自体の耐久年数はどんどん伸びていると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、同じ詰め物を行っても、持つ期間が長い人と持つ期間が短い人がいるように、日々のメンテナンスによって、耐久年数は変わります。また、かみ合わせも関係してきます。加齢とともに、かみ合わせの状態は変わります。ですから、少なくとも1年に1回は歯科医院で咬み合わせが均一になっているかどうかを確認してもらう事が大切です。咬み合わせが悪いと、一部に負担がかかり、セラミックが欠けたり剥がれたりするリスクが高まります。定期的な確認で咬み合わせがずれていたら、セラミックを削る等の処置を受けます。また、土台の歯の健康を保つ事も長持ちさせる為には不可欠で、日々のケアも重要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/314-0d702c7c

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR