FC2ブログ

Latest Entries

治療費はどうやってきまるの?

保険点数によって金額が決まる保険診療と自由診療があります。「どうして同じ治療なのに、歯科医院によって料金が違うの?」そんな疑問を良く耳にします。これは医科に比べて、歯科は「保健診療」だけでなく、「自由診療」を扱っている所が多いせいかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。保健診療とは、国民健康保険や社会保険などの公的保険が適用される治療です。高齢者などを除き、加入者は実際にかかった料金の3割を負担すれば、治療を受ける事が出来ます。ただし、むし歯や歯周病など、病気の治療には適用されますが、インプラント、歯科矯正治療、審美歯科治療など、病気の治療の範疇【はんちゅう】を超える医療行為には、例外を除き適用されません。保険診療の治療費は実施した治療内容に応じて「保険点数」が細かく決められており、それらが加算されて料金が決まります。医療機関は患者に請求した以外の金額を、「診療報酬」として各保険の審査支払機関に請求します。保健診療なら治療費は全国同一になります。保健点数は全国同一ですから、都会の一等地にある豪華な歯科医院でも、地方の小さな歯科医院でも、全く同じ内容の治療を保健診療で受ければ、治療費は同じになるはずです。しかし、実際には保健診療でも、「あそこは高いけれど、ここは安い」と感じる事もあるでしょう。その理由の一つとして、診断や治療方法が歯科医師によって異なる事が挙げられると、あつみ歯科医院では考えています。同じむし歯の治療でも、「少し削れば大丈夫」と考える人もいれば、
大きく削らなくてはならない」と考える歯科医師もいます。また、保険点数は削り方や削る部分によって細かく決められているのです。
自由診療の治療費は保健治療費の3~10倍です。一方、公的保険が適用されない治療の事を「自由診療」「自費診療」「保険外診療」などと言い、患者が全額負担する事になります。治療内容が制約される保険診療と違い、自由診療なら歯科医師の裁量で治療することが出来、治療費も自由に設定することが出来ます。最近は保健診療を実施せず、むし歯や歯周病などの治療も含め、全て自由診療でする歯科医院も増えて来ているようです。「うちは設備も立地も良いので家賃が高いので、その分治療費を高くしよう」と考える歯科医師もいれば、「私は腕が良いから、その分高い治療費を貰っても良いはず」と考える歯科医師もいるでしょう。また、「治療費を少しでも安くして、沢山の患者さんに来て欲しい」と考える歯科医師もいるかもしれません。一般的に、自由診療の治療費は保健診療の3~10倍になると言われています。どんなに高額な治療費であっても、患者が納得しているのであれば問題ありません。ただし、自由診療の割合が高くなると、患者の経済力によって治療格差が生まれると言う問題が出てきます。医療費や保険制度について、患者側も関心を寄せたいものです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/289-db0ef18b

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR