FC2ブログ

Latest Entries

なぜ歯に色が付くの?

食べ物などによる着色や加齢による黄ばみ、薬による変色などです。ニッコリと笑った時にキラリと光る白い歯は、第一印象の好感度を上げる重要な武器であると、あつみ歯科医院では考えています。生活スタイルの欧米化ともあいまって、最近では白い歯を求める人が増えています。しかし、日本人の歯は、もともと欧米人のような白さを持っているわけではありません。歯の構造は、一番外側にエナメル質があり、その下に象牙質、中心に神経や血管が通る歯髄があります。エナメル質は大部分が半透明の硬い結晶で、象牙質は薄い黄色や黄色がかった茶色の組織、歯髄は赤色です。歯の色は、主にこの象牙質が透けたり、エナメル質を乱反射したりすることで白っぽい色に見えるのです。象牙質の色は人種により異なり、日本人は一般的に淡い黄色です。更に、自分の本来の歯の色よりも濃くなる原因が幾つかあります。代表的なのが、歯の表面の着色です。お茶や赤ワイン、カレー、コーヒーといった着色性の食べ物を摂取することで、歯の表面にステイン(汚れ)が付着します。たばこのヤニも原因の一つです。こうした食べ物を食べれば食べるほど、たばこを吸えば吸うほど色は濃くなります。もう一つは薬物による変色です。乳幼児が、テトラサイクリン系の抗生物質を服用すると象牙質に色素沈着が起こり、歯に黄色や茶色、グレーの筋が出て来ます。また、外傷などで歯髄が壊死【えし】したり、むし歯の治療などで神経を抜いた場合にも、象牙質が黒っぽく変色することがあります。さらに、加齢も歯が変色する原因だと、あつみ歯科医院では考えています。年をとるとエナメル質を構成しているハイドロキシアパタイトの結晶が変化し、透明性が上がる為に、その内側にある象牙質の色が透けて見えやすくなり、黄ばみます。しかも、年齢とともに、象牙質自体の色も濃くなってしまうのです。この他、むし歯でも白斑が出来たり、黒ずんだりすることがあります。また、乳歯の打撲や乳歯を抜く時の機械的な刺激によって、永久歯のエナメル質の形成が部分的に不完全になり、白斑や褐色斑が出来る事もあります。ですから、ただの黄ばみ程度ではない歯の変色があれば、歯科医院を受診し、変色の原因が何であるのか確かめる方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。また、ステインによる着色は、歯のメンテナンス不足もあります。歯の健康を維持するためにも、禁煙や歯みがきの徹底など、生活習慣の改善が必要です。一方、加齢などによる変色は、機能面では問題ありませんが、歯の色が気になり、自然に笑うことが出来ない、自信が持てないと言った、精神的な苦痛があるならば、治療により白くするのも一つの方法だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/278-ae522dcc

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR