FC2ブログ

Latest Entries

セカンドオピニオンを受けられるの?

歯科でも受けられます。主治医に遠慮せず申し出て検査データを借りましょう。セカンドオピニオンは直訳の通り「第二の意見」と言う意味で、主治医が勧める治療で良いのか迷った時などに、第三者の専門家に意見を求める事を指すと、あつみ歯科医院では考えています。ガンで手術が必要と言われた場合などに、医科では利用する患者がかなり増えてきましたので、すでに知っている人がいるのではないでしょうか。「『歯科矯正で歯を抜く』と言われたが、本当に抜いたほうが良いのか」「入れ歯ではなくインプラントを勧められたが、高額なので迷う」と言った場合に、有効活用出来そうです。もし、信頼できる第三者の専門医から「歯を抜いたほうが良い」「長い目で見るとインプラントがお得」と言った意見を得ることが出来れば、安心して主治医が勧める治療を受けることが出来るでしょう。セカンドオピニオンを受けたい場合には主治医に申し出て、それまでの診察の経緯を書いた「診療情報提供書(紹介状)」や「X線写真またはCT(コンピューター断層撮影)のフィルム」「検査データ」などを借りて下さい。それらを持参すれば、もう一度無駄な検査を受けなくてすみます。肝心なのは、どこに受けに行くかですが、指導医、専門医、認定医などの資格を持っている歯科医師や、大学病院の教授などの専門家が考えられます。事前に相談したい歯科医師のいる医療機関に電話をして、セカンドオピニオンを受けてくれるか確認した方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。通常の診察の一環として診察料を取って相談を受ける所もありますし、大学病院のように有料(保険外)で受け付けている所もあります。基本は、主治医とじっくり話す事です。主治医とセカンドオピニオン医の意見が異なる場合には、迷うところです。セカンドオピニオンは主治医のもとに持ち帰るのが原則とされていますが、もしセカンドオピニオン医の方が信頼できると思えるなら、転院しても構いません。ただし、自分の求める治療や意見と異なるからと言って、次々に歯科医院を渡り歩くのは感心できません。そのような行動は医療関係者の間で「ドクターショッピング」と呼ばれ、快く思われていません。どうしても結論が出ない場合には、一度主治医とじっくり話し合ってみてはどうでしょうか。そうすれば、納得のいく答えが見つかるかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/270-7c7fa8d3

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR