FC2ブログ

Latest Entries

大学病院はどんな時に利用すると良いの?

特殊な治療を受けられますが大学病院の役割を十分に理解して受診するべきでしょう。現在、歯学部を持つ大学は全国に27法人(国立大学11、公立大学1、私立大学15)あり、それぞれが付属の病院を持っています。歯学部の大学病院の特徴は、何といっても様々な診療科(外来)がそろっている事だと、あつみ歯科医院国立大学の場合、「むし歯外来」「歯周病外来」「小児歯科外来」「矯正歯科外来」など一般的な診療科から、「口腔【こうくう】外科外来」「顎【がく】顔面外科外来」など大がかりな外科手術を手がける診療科、「頭頸部【とうけいぶ】診療外来」「スポーツ歯科外来」「いびき無呼吸歯科外来」「息さわやか外来」など極めて特殊な診療科までそろっている所もあります。特に入院が必要となる大がかりな外科手術や、極めて専門的な治療、先進的な治療は、大学病院でなければ出来ません。また、一般的なむし歯、歯周病でも、重い心臓病、糖尿病、腎不全などの持病を持っている場合は、専門医による協力を得ながら治療する必要が出てきます。こうした場合には、大学病院で治療を受けた方が良いでしょう。もちろん、一般の患者が通常の歯科治療を大学病院で受ける事は可能です。ただし、私達が知っておかなければならないのは、大学病院には「臨床(診療)」に加えて、「教育」「研究」という三つの役割があると言うことです。大学病院には、歯学部を卒業したばかりの研修歯科医が沢山います。最終的な責任は指導する立場の歯科医師が持つとしても、研修歯科医にも経験を積む機会を与えなければなりません。その点を理解していないと、「最高の治療が受けられると思ったのに、未熟な歯科医師に治療された」と、不満を持つ事になりかねないと、あつみ歯科医院では考えています。最近では「大学病院志向」があると言われますが、大学病院の特色や役割を理解して、受診するべきでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/268-a151721a

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR