FC2ブログ

Latest Entries

むし歯にさせたくない。親は何をすれば良いの?

歯みがきや食習慣に気をつけ、かかりつけの歯科医師を持ちましょう。むし歯の治療跡がいっぱい」という人も多いでしょう。「小さいころ、歯科医院に通うのが嫌だった」という人も少なくないでしょう。「せめて子どもだけは、むし歯のない歯にしてあげたい。」と思うのも当然です。統計によれば24歳を過ぎると新たに出来るむし歯の数は限りなくゼロに近くなります。つまり、子どもをむし歯にさせず、成人まで健康な歯を保つ事が出来れば、その子は一生、むし歯のない歯でいられる可能性が高くなると、あつみ歯科医院では考えています。その為には何をすれば良いのでしょうか。くわしくは、以降も読んで頂ければと思いますが、ポイントを挙げてみましょう。仕上げ磨きは忘れずに。まずは「歯みがき」です。前歯が生えてきた頃から少しずつ練習を始めましょう。子どもの歯は大人の歯に比べて弱く、特に生えてから2,3年はむし歯になりやすいとあつみ歯科医院では考えています。ある程度の年齢までは保護者による仕上げみがきをするのが良いようです。食事については、砂糖(ショ糖)の含まれている物がむし歯になりやすい事は明らかですが、甘い物全てを禁止する必要はありません。近年の保護者がむし歯予防に熱心なのは多くの歯科医師が認める所ですが、一方で「神経質になり過ぎるのは子どものとってはマイナス」と指摘します。歯は炭水化物を摂るたびに脱灰【だっかい】(=歯のカルシウムが溶け出すこと)しますが、唾液【だえき】によって再石灰化が促され、修復されます。甘い物を食べてもしっかり歯をみがき、次の食事まで時間を空ければ、その間に歯が修復されるので、むし歯のリスクは下がると、あつみ歯科医院では考えています。また、むし歯対策のためにぜひ持っておきたいのが、「かかりつけ歯科医」です。13歳時点でのむし歯の数を比較した場合、早い年齢から歯科医院に行った子どもほどむし歯になる割合が低いです。むし歯のない時期から定期的に健診を受け、歯の状態を知る事はとても大事です。予防のためにフッ素の塗布等もしてくれます。歯科医師に慣れると言う意味でも有意義ですし、むし歯が出来ても早い時期に見つかれば、歯を必要以上に削られず、ダメージは最小限で済みます。ぜひ、早い年齢のうちに経験豊富な歯科医師を見つけて下さい。母親同士の情報もヒントになります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/227-bd20ef92

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR