FC2ブログ

Latest Entries

口が乾きやすいと歯周病になりやすいの?

唾液【だえき】が減ると口の中の環境が悪化し歯垢【しこう】が付きやすくなります。口の乾燥は、口の中の環境を悪化させる大きな要因だと、あつみ歯科医院では考えています。口の中を常に潤わせているのが唾液です。実は、健康な人の場合、一日に1.5~2リットルもの唾液が出ているのです。これほどまでに分泌される理由は、唾液が口の中のみならず、体の健康を維持するためにも不可欠なものだからです。唾液は、消化酵素や抗菌成分、ミネラル等が含まれる、天然の抗菌洗浄液なのです。唾液には様々な役割があります。第一が口の中を洗浄する作用です。食事のかすや、細菌などを洗い流して清潔に保ちます。また、唾液には抗菌作用があるリゾチームやラクトフェリンといった成分が多く含まれるので、十分な唾液があるとむし歯菌歯周病菌の増殖を抑えられると、span>あつみ歯科医院では考えています。更に、口の中を中性に保つ作用があり、食事で産生に傾いた口の中を中性に戻し、歯が溶けるのを防ぎます。それだけでなく、唾液中のカルシウムやリン等のミネラルは、自然な歯の修復(再石灰化)に不可欠です。唾液が持つこれらの働きが、歯周病やむし歯になるのを防いでいるのです。実際、薬で唾液が出にくい状態にした人たちと、そうでない人たちに丸二日歯みがきを止めてもらい、歯垢の堆積【たいせき】量を測ると、唾液の分泌量の少ない人たちの歯垢の堆積量は、そうでない人たちの1.7倍多かったようです。だからこそ、日頃からたっぷりと唾液を出せる体作りが大切だと、あつみ歯科医院では考えています。まず大事なのが、良く噛んで食べることです。咬むと口の中の唾液腺が刺激されて唾液が分泌されやすくなります。シュガーレスガムを活用するのも良い方法です。また、顔の筋肉の動きも唾液腺を刺激するので、「話す」「笑う」のもお勧めです。人と話す機会が少ない人は、鏡を見ながら口を大きく動かし、「イー」「ウー」と言うのも効果があります。ストレスは唾液の分泌を抑えます。ストレスをためないことも大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/219-711a6e12

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR