FC2ブログ

Latest Entries

インプラント手術は2回しないといけないの?

1回法もありますが、骨の状態などにより2回法が良い事もあります。インプラントと骨がしっかり結合するには、3~6カ月間の治療期間が必要とされています。手術ではインプラント本体を骨に埋め込んだ後、感染を避けるために歯ぐきを縫い合わせるので、治癒期間中は歯ぐきの中にインプラント本体が完全に埋まった状態になる事もあります。その為3~6カ月後には、歯ぐきを切開してインプラントの頭を出し、人工歯のための土台(アバットメント)を連結する2回目の手術が必要になるのです。あつみ歯科医院では、2回法の手術をしなくてすむ「1回法」を行っています。1回法では、インプラント本体と人工歯の連結部分(アバットメント)が一体化したものか、粘膜を貫通する部品をつけて、インプラントの頭が歯ぐきから出ている状態にして手術を終えます。そのため2回目の頭出しの手術が必要ないと言うわけです。その日のうちに全ての治療が終わるわけではなく、その後インプラントと骨を結合させるためには1回法と同等の治癒期間をおいてから仮歯をつけます。治療期間は2回法より短めですが、インプラント本体に、骨との結合を促進させるためのアパタイトをコーティングするなど、使用する材料や技術に様々な工夫がなされています。ただし、治療期間中は歯ぐきからインプラントの頭が露出しているため、口の中の清掃が上手くいかなかったりすると、細菌に感染しやすくなりますし、何らかの圧力がかかることによって、インプラントと骨が上手く結合しない可能性もあると、あつみ歯科医院では考えています。2回法は手術や通院の回数、治療期間など患者さんの負担は大きくなりますが、時間をおくことでインプラントと骨はより強固に結合するため、条件の悪い症例では1回法よりも確実な場合があります。なお、1回法には、その日のうちに仮歯まで入れて咬めるようにする「即時荷重【そくじかじゅう】」という方法もあります。しかし、高度な技術が必要とされる上、誰でも受けられるのではなく、綿密な検査をした結果、あごの骨量や幅が十分あるなどの条件がそろった人でなければ受ける事は出来ません。治療を受けるための骨などの条件は、2回法、1回法、即時荷重の順番に厳しくなります。例え自分が1回法を希望していても、その条件を満たしているとは限らないのです。患者にとっては手術の回数が少なく治療期間が短い方が楽だと思いやすいのですが、良い状態でできるだけ長くインプラントを使い続けるには、最初の治療に時間をかけた方が良い場合もあると、あつみ歯科医院では考えています。患者の将来のことも含めた、最も良い方法を一緒に考えてくれる歯科医師を選ぶようにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/216-c4563ce4

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR