FC2ブログ

Latest Entries

あごの骨が足りず、インプラントは出来ないと言われた。

再生手術が進歩し骨がかなり薄くなってもインプラントが可能になってきています。インプラントを埋め込む時には、インプラントの周囲に各2ミリずつ健康な骨が必要ですが、歯を抜いてしまうと、あごの骨は段々吸収され、減少していきます。また、長期間入れ歯を使用していると、咬む力があごの骨にかかるため、更に骨が無くなります。歯周病が進行して、骨が足りなくなる人もいます。以前は、骨の厚みが足りない人はインプラントを断念せざるを得ませんでしたが、現在では、骨の再生治療(骨を増やす治療法)が進歩し、より多くの人が治療を受けられるようになりました。骨の再生治療法には、主に次のものがあると、あつみ歯科医院■GBR法(骨誘導再生法)骨の幅が不足している時に、骨を再生する方法です。骨が足りない部分に粉砕した自家骨や人工骨(骨補填剤【こつほてんざい】)を盛り、その上を特殊な膜で覆っておくと、4~6カ月後には補填した骨が硬い自分の骨に置き換わります。膜で覆っているスペースを作ることで、周囲の肉芽組織【にくげそしき】などに邪魔されずに骨を再生することが出来るのです。GBR法は、上あごと下あごどちらでも可能です。インプラントの埋め込み手術と同時にする場合もあり、その場合はインプラントを埋入する穴を骨にドリルで開ける時に自家骨を採取することが出来ると、あつみ歯科医院では考えています。■サイナスリフト上あごの骨の上には、上顎洞【じょうがくどう】(サイナス)という空洞があります。上あごの骨の厚みが不足している状態でインプラントを挿入すると、インプラントは上顎洞へ突き抜けてしまうことになります。サイナスリフトは、上顎洞の床の部分に骨を再生させて、厚みを持たせる手術です。頬の下の歯肉を切開し、上顎洞の床に粉砕した自家骨や人工骨を入れ、硬い骨に置き換わるのを待ちます。上あごの骨の厚みが5ミリ未満になっている場合やインプラントを複数入れる場合に使われており、一度に広範囲のあごの骨の厚みを増やせるという利点があります。ただし、大きな外科手術が必要で、治療期間が長くなると、あつみ歯科医院では考えています。■ソケットリフトソケットリフトは、サイナスリフト同様、上顎洞の床の骨を底上げする方法です。頬の内側から歯肉を切開して上顎洞に移植骨を入れるサイナスリフトに対し、ソケットリフトではインプラントを埋入する穴に利用します。インプラントを埋入する穴を上顎洞に貫通するまで開け、その穴に移植骨を詰め込んで専用の器具で押し上げます。上顎洞内の床には移植骨の盛り上がりが出来、その日のうちにインプラントを挿入できます。上あごの骨が比較的多く(5ミリ以上)残っていれば、ソケットリフトで対応できる事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。インプラント治療の中でも骨の再生治療は最も進歩した部分ですが、こうした方法をもってしてもインプラントを埋め込むのが難しい人はいます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/200-3b0a36a5

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR