FC2ブログ

Latest Entries

削らないでむし歯を治すこともできるの?

削らない治療もありますが、ある程度の大きさのむし歯は削るのが安全、確実でまたむし歯になりにくいです。歯科医院で聞くあのキーンという音。それを聞いただけで帰りたくなる人も多いのではないでしょうか。あの音は「エアタービン」という機械の音で、これに「ダイヤモンドバー」という器具を付けて歯を削ります。エナメル質は、からだの中でもっとも硬いので、ダイヤモンドという硬い鉱石を使って削るのです。エアタービンは、回転数が高いので効率よく削れますが、一緒に健康な歯を削ってしまう恐れがあります。歯を削る器具としてほかに用いられているのが、「マイクロモーター(エンジンともいいます)」です。回転数が少し低く安全に削ることができます。キーンという音はしませんが、少し振動があります。「削らないで歯の治療ができるか。」ということですが、「むし歯の治療についてわかりやすく教えて!」にご説明したように、初期のむし歯は削らず、定期検査を受けるのが基本です。バイオフィルムの除去と徹底した歯みがきで再石灰化【さいせっかいか】をうながし、むし歯を治していきます。ある程度の大きさになったむし歯は、その部分を何らかの形で取らなければならないとあつみ歯科医院では、考えています。一般的に行われているのは、酸でもろくなった象牙質【ぞうげしつ】を「スプーンエキスカベーター」という器具でかき出すように除去する「スプーンエキスカ」です。これは時間がかなりかかり、痛みを伴いますが、むし歯になった部分だけを取ることが可能です。保険では認められていませんが、象牙質のむし歯にだけ反応する特殊な薬液「カリソルブ」で、むし歯を溶かしてかき出す治療もあります。ただし、この二つの治療でもエナメル質だけは削る必要があるので、エアタービンやマイクロモーターなどを使わなければならないとあつみ歯科医院では考えています。エアタービンやマイクロモーターをまったく使いたくない人には、歯科用レーザーを使う方法もあります。「エルビウムヤグ」というレーザーなどはエナメル質にも使うことができます。エアタービンなどで削るより痛みが少ないものの、一部では時間がとてもかかるなどの問題があると、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/15-dd4056a8

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR