FC2ブログ

Latest Entries

そもそも矯正装置とはどんなもの?

歯を動かすための装置です。ブラケットを使うのが一般的です。歯を理想的な位置に動かすために欠かせない矯正装置。一般的に必要な装置の種類には、次の様なものがあります。■ブラケット一本一本の歯の表面に、歯科用接着剤で直接貼り付ける矯正装置です。ワイヤを通すための溝が付いています。ブラケットの素材は、金属製のものが一般的ですが、セラミックやジルコニアセラミックといった非金属性のものもあります。金属製ブラケットは、目立ちやすいですが、丈夫で他の素材の物に比べて低価格です。歯と装置の境目が分かりやすく、歯みがきがし易いという特徴があると、あつみ歯科医院では考えています。セラミックブラケットは、半透明で目立ちにくいという利点がありますが、金属製のものよりも破損しやすくなります。ジルコニアセラミックブラケットは、耐熱性セラミック材料で白くて目立ちにくく、強度はセラミックよりも優れています。いずれも金属製のものよりも、価格が高めの場合が多いでしょう。■ワイヤブラケットの溝にはめて、歯を動かす金属線です。断面が丸い「ラウンドワイヤ」と四角い「レクタンギュラーワイヤ」があり、細いものから太いものまで様々な種類があります。歯の動かし方に応じて、ワイヤを使い分けていきます。■結さく線ワイヤをブラケットに結び付けるための細い金属線です。ワイヤとブラケットが結さく線によって結びつけられて、初めて歯に力がかかります。結さつ線の代わりに「モジュール」という輪ゴム状の高分子化合物を使うことがあります。目立たないグレーやベージュのほか、最近は矯正装置を付けている事を楽しみたいという人向けに、ブルーやピンク、ゴールドと言ったカラフルなタイプもあります。通院のたびに交換するので、その時の気分や季節に合わせて色を変えることも出来ると、あつみ歯科医院んでは考えています。■口腔【こうくう】ゴム上下のあごのかみ合わせを良くするためのゴムです。直径5ミリから1センチの大きさです。治療の段階に応じて取り入れるもので、使用しない人もいます。取り外しでき、歯みがきと食事のときは、外します。子どもの場合は、成長に合わせて様々な装置が使われます。乳歯の時期や永久歯と乳歯が混ざっている時期(第一期治療)は、成長発育を利用し、上あごをバランスよく広げる「ラピットエクスパンション」、下あごの成長を促す「FKO【えふかーおー】」などを使用します。口の中につける装置のほか、上あごの発育を抑えて奥歯を後ろに移動させ、出っ歯や歯のでこぼこを治療するヘッドギアもあります。永久歯が生えそろったら(第二期治療)、ブラケットを使って、歯並びを整えていきます。矯正装置をつけて歯並びやかみ合わせが治ったら、動かした歯を安定させるためのリテーナー(保定装置)をつけることがあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/145-f75c93d2

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR