FC2ブログ

Latest Entries

歯科矯正治療で期間や通院間隔はどれくらいかかるの?

成人で2~3年です。その後の保定期間も同程度です。通院間隔はおよそ月に1回程度です。一般的に歯科矯正治療は、次の様な流れで進みます。まず、初診相談で、歯並びやかみ合わせの視診を受けます。治療を受ける前に悩みを相談して、疑問や事前に確認しておきたい事(治療についてのことから、転居の際の対応まで)を質問し、歯科医師との相性なども見極めます。不安要素があれば、別の矯正歯科医院も受診するといいでしょう。次に精密検査(顔面と口腔【こうくう】内写真撮影、口腔内模型の作製、頭部と歯のX線撮影)を受けます。数週間後に検査結果が出たら、具体的な治療期間、費用、装着する装置等についての説明を受け、納得すれば、治療契約をします。そして、抜歯やむし歯、歯周病の治療が必要なら、一般歯科医院で処置を受けます。歯磨き指導もこのタイミングです。それからいよいよ治療がスタートします。矯正装置をつけて、少しずつ歯を動かしていきます(動的治療)。この間の通院間隔は、月に1回程度で、ワイヤの調整や交換をします。大人の場合、動的治療の期間は2~3年程度です。もちろん例外もあります。精密検査で大体の期間は分かりますが、歯が動く速度には、個人差もあると、あつみ歯科医院では考えています。例えばかむ力が強すぎたり、予約通りに受診しなかったりすると、予定通りに終わらない事もあります。一方、子供で、骨の成長を利用して治療する場合は、大人より多くの期間が必要となります。また、骨の成長を利用しなかったとしても、成長するに従って、歯並びが変わってくるので、長期間の定期的な通院が必要になります。目標とする歯並びとかみ合わせになったら、矯正装置を外し、動かした歯を安定させるための治療(保定装置)へ移行します。一般的には取り外し可能なリテーナーをつけ、3~6カ月に1回程度の割合で通院し、経過観察します。保定治療は通常、動的期間と同じ程度の期間がかかります。リテーナーを外したあとも定期検診を受けると、治療後の状態を維持できるでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」あつみ歯科医院
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/119-ddf23265

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR