FC2ブログ

Latest Entries

子供のときから矯正した方がうまくいくの?

骨の成長を利用して治療できるのでうまくいくことがあります。子供は成長発育を利用できる点が、大人の矯正治療と違うところです。かみ合わせや歯並びの悪さは、歯だけではなくあごの骨格に問題があることが少なくないと、あつみ歯科医院では考えています。例えば、上下の骨格のバランスが悪い受け口出っ歯。この場合、成長が終わっている大人では、歯の移動だけで治すしかなく、その分効果には限界があります。場合によっては、あごの骨の一部を切断するといった、外科的な治療との組み合わせが必要なこともあります。一方、子供の場合は、あごの成長を抑えたり、うながしたりすることが可能です。例えば下あごの骨が上あごの骨に比べて大きい場合、上あごの骨が前方へ大きく成長するように、矯正装置で力を加えます。また、あごの幅が小さく歯並びがでこぼこになっている場合は、あごの幅を広げて、歯が並ぶためのスペースをつくります。このため、歯を抜かずに治療が出来る可能性も高くなるのです。子供の歯科矯正治療は、歯の状況によって二つの時期に分かれます。乳歯と永久歯が混じっている12歳ごろまでが、第一期治療期です。この段階では、あごの成長を利用した治療が中心です。歯並びがでこぼこしているだけなら、永久歯が生えそろってからの方がいいこともあると、あつみ歯科医院では考えています。また、上下の骨格のバランスがかなり悪い時は、矯正治療だけで整えるのがむずかしく、成長するのを待って、外科的治療を併用する事もあります。全ての歯が永久歯に生え換わると、第二期治療です。ここでは、ブラケットなどで歯を移送させ、最終的なかみ合わせを完成させます。このように、第一期から治療を始めると、あごの成長を利用できる半面、長く時間がかかります。いずれにしても、気になる点があれば、7~8歳のときに一度矯正歯科医院にて診て貰いましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」あつみ歯科医院
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/113-d4c1dbf4

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR