FC2ブログ

Latest Entries

なぜ歯が動くの?

体に備わっている骨の代謝能力によるものです。一般的な歯科矯正治療は、ブラケットワイヤといった矯正装置を使って、歯を理想的な位置に動かします。あつみ歯科医院では、それぞれの歯の表面に、歯科用接着剤でブラケットの器具を貼り付け、その溝にワイヤを通していずれかの歯に(たいてい両側奥歯)を固定源とし、動かしたい歯に力を加えて移動させていきます。ではなぜ、力を加えると歯は動くのでしょうか。歯ぐきの中には「歯槽骨【しそうこつ】」という骨があり、歯を支えています。この骨と歯根の間には「歯根膜【しこんまく】」という線維組織があり、歯にかかる衝撃を和らげるクッションのような動きをしていると、あつみ歯科医院では考えています。矯正装置によって歯に力が加わると、力がかかった側の歯根膜が圧迫を受けて収縮し、脳から「歯槽骨を食べるように」という指令がきます。すると、歯根膜の中に「破骨【はこつ】細胞」ができ、この細胞によって歯槽骨が吸収されていくのです。一方、逆側の歯根膜は引っ張られた状態になります。すると、脳から「歯槽骨を作るように」という指令が伝えられます。歯根膜の中には「骨芽【こつが】細胞」ができ、その動きによって、新しい歯槽骨が作られると、あつみ歯科医院では考えています。このように、歯はその周りの歯槽骨が吸収され、作られるという変化を繰り返すことで、移動していくのです。歯を理想的な位置に動かすには、2~3年以上かかりますが、単に歯を移動させているのではなく、歯槽骨が代謝を繰り返しているために、それだけの時間がかかるのです。歯が動く速度は、個人差がありますが、1か月に0.8ミリ程度と言われています。歯に強い力をかけたからと言って、骨の代謝のスピードが上がるわけではありません。では、歯が動かないあるいは動きにくい人はいるのでしょうか。歯根膜に現れる破骨細胞や骨芽細胞の活性化によって、歯は動きます。しかし、歯根膜がつぶされたり、血流が止まったりすると、歯は動かないのです。たとえ歯根膜が生きていても、健康な状態でないと歯は動きにくくなってしまうため、歯周病(歯槽膿漏)などによって歯根膜が障害を受けている場合、歯科矯正治療の前、もしくは同時進行での治療が必要になってきます。歯根膜が健康な状態であれば、たとえ歯の神経がなくなっていても、骨の代謝能力がある限り、歯は動くとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/107-a252bbad

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR