FC2ブログ

Latest Entries

孫に「口がくさい」と言われた。年のせいとあきらめるしかない?

加齢にともない唾液【だえき】分泌量が減るので口臭が出やすくなります。私達は一日にどれくらいの唾液を分泌しているか知っていますか。なんと大人は約1.5リットルと言われています。しかしこれは、成人全体の話です。年を重ねるたびに唾液を分泌している唾液腺が委縮するため、70歳以上では20代の4割程度しか分泌されなくなると、あつみ歯科医院では考えています。唾液には、口の中の浄化作用や抗菌作用があるので、量が少なくなれば自浄作用が低下して舌苔【ぜったい】や歯垢【しこう】が付きやすくなりますし、抗菌作用が低下して細菌も増殖します。その結果、口臭物質をつくるのに適した環境が整い、口臭が強くなるとあつみ歯科医院では考えています。しかし、年を取ったからと言って誰もが口臭に悩まされるとは限りません。唾液の分泌量は年を重ねるごとに誰でも多少は減るものですが、年齢以上の極端な減少は、体が弱ったり歯が悪くなったりしてしっかりかまなくなったという理由が大きいのです。つまり、良く噛んで食べる人は唾液の分泌量低下を抑えられるわけです。また、良く噛む事で唾液腺の委縮も進みにくくなると、あつみ歯科医院では考えています。さらに口の周囲の筋肉を鍛える運動を習慣にすれば、口臭予防の大きな力になるでしょう。高齢者の場合、加齢による唾液の減少に加えて、糖尿病などの病気や薬の副作用等が重なって口が渇いているケースも多く見受けられますその場合は原因を取り除くことで潤いが増し、口臭も改善することが期待できます。また、口の中が渇いてものが食べにくい、話しにくい、口の中が傷つきやすい等の症状がある場合は、「ドライマウス(口腔乾燥症)」と考えられます。「シェーグレン症候群」などの病気が原因になっている事もあるので、歯科医院を受診しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atsumishikaiin.blog.fc2.com/tb.php/104-1197cb33

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR