FC2ブログ

Latest Entries

治療が怖くて歯医者に行けない。

歯科恐怖症かもしれません。歯科恐怖症の専門医に相談して下さい。歯の治療が好きでたまらない、と言う人はでしょう。歯科に対して何らかの嫌悪感持っている人はとても多いと、あつみ歯科医院と考えています。ですが、中には必要な治療が受けられない程恐怖感が強い「歯科恐怖症」の人もいます。子どもの頃の歯科治療の恐怖体験が発症の主な原因です。ある30代男性は恐怖から歯科医院に行けず、むし歯でほとんどの歯を失っていた為、総入れ歯になってしまいました。では、どの様に治療するのでしょうか。段階を踏んで、少しずつ怖いと思うものに慣れていく「系統的脱感作療法【けいとうてきだつかんさりょうほう】」で治療します。具体的には、先ず歯を削るドリルを見る、次は口の前迄持っていく、前歯の辺りまで入れる、奥まで入れる、動かしてみると言う方法です。この様な方法で精神面を治療しながら、むし歯等の治療も同時にします。麻酔で使う笑気ガスを使用した鎮静法や、適量な静脈麻酔薬を点滴する「静脈内鎮静法」により、恐怖心を和らげた上で治療する事が可能です。何度か通って、その病院に慣れれば、恐怖心が治まる事があります。むし歯等も初期段階で発見出来るので、より負担の少ない治療が可能です。最終目標は、町の歯医者さんで不通に治療を受けられる様になる事です。歯科医院に行くのを躊躇【ちゅうちょ】している人は、出来るだけ早い段階で、麻酔の専門家がいる医療機関や、各大学の歯学部病院等に相談して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



口の中に出来物が出来て心配です。

白っぽく痛くない粘膜の変化は要注意です。ガン化する可能性もあります。口の中に発生する「出来物(腫瘍)」には、実に様々な種類があります。又、舌、頬、唇、歯ぐき、上顎、下顎等、至る所に発生します。素人判断は禁物ですが、そのほとんどは良性腫瘍が多い様です。切除出来る場合もありますので、歯科医師に診て貰いましょう。しかし、口の中の粘膜が白っぽい、又は赤白入り混じって変色し、2週間~1カ月以上経っても消えない場合は、「白板症(はくばんしょう)」と言って、ガン化(悪性化)する危険性があると、あつみ歯科医院では考えています。気になる人は、口腔【こうくう】外科や耳鼻咽喉科(頭頚部外科)で診て貰いましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

「美しい歯」とは?歯医者さんの本音が聞きたい。

真っ白過ぎる芸能人の歯には違和感があります。芸能人の様な真っ白な歯に憧れを抱く人もいるでしょう。被せ物で白い歯にしたり、歯並びを整えたりしている芸能人がいますが、人間の歯ではあり得ない程白く、のっぺりした色や形になっている事もあります。歯科医師から見れば、不自然で美しくありません。少し時間はかかりますが、歯科矯正ホワイトニングの方が良かったのにと思う事が、あつみ歯科医院ではあります。一般の人はこちらも検討しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

スポーツ等で削れた歯、欠けた歯は治す事が出来るの?

損傷の程度によって治療方法は様々あります。歯の表面のエナメル質は生体で最も硬い組織で、その硬度はガラスや鋼鉄に傷を付ける事も出来る程です。ですが、スポーツ等で頻繁に歯を食いしばったり、習慣的に歯ぎしりしていたりすると、歯と歯がぶつかり合い、徐々に削れて行きます。通常時の咬む力は50㎏程度ですが、寝ている時は200~300㎏の力がかかっています。又、転倒等の思わぬ衝撃で欠けてしまう事は避けられません。損傷の程度によりますが、傷んだり、冷たい飲み物等で凍みる事があります。軽度の場合は、唾液【だえき】に含まれるミネラルにより自然に再石灰化していく事で、症状が治まる事もあると、あつみ歯科医院では考えています。再石灰化を促進するフッ素を含んだ塗り薬もありますが、効果は持続的ではありません。損なわれた部分は修復できるのでしょうか?差し歯やインプラントが必要になる程ひどく無い場合は、歯の表面をベニア等で覆って、見た目を修復する事は出来ます。ですが、柔らかい素材を用いれば直ぐに削れたり欠けたりしてしまいます。硬過ぎる素材では、かえって健康な歯を傷付ける事もあるので、お勧めは出来ません。場合によっては、咬み合わせに支障が出て来る事もあります。食べ物を上手に咬めるのは、上の歯と下の歯が、点で当たっているからです。摩耗【まもう】等によって、点が面になった場合は、歯の表面を削って点と点で咬める様に調整します。歯が欠けるのを防ぐには、注意して生活を送るしかありませんが、摩耗はマウスピースで防ぐ事が出来ます。心配な人は検討してみてはいかがでしょうか。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

レモンや炭酸飲料は歯に良くないの?

歯には炭酸よりも糖分の方が問題です。どんな食べ物や飲み物でも、食事をすると歯の表面のミネラル分が溶けて脱灰【だっかい】します。ですが、暫くすると唾液【だえき】の中のミネラルが歯に戻り、再石灰化します。酸性の食べ物も、常識的な量であれば神経質に成らなくても良いと、あつみ歯科医院では考えています。レモンやグレープフルーツ等の果物は、健康維持に欠かせないビタミン等を沢山含んでいます。歯が溶ける事を気にする余り、栄養バランスが崩れてしまっては元も子もありません。人は一日に約1.5㍑も唾液を出しています。自分の唾液の力を信じて、ゆったりとした気持ちで過ごして欲しいと思います。コーラやガス入りのミネラルウォーター等の炭酸飲料はどうでしょうか?炭酸自体は、特に歯を溶かし易いものではありません。注意すべきは、糖分が含まれているものです。コーラ等の加糖されたものは、歯を守りたいなら出来るだけ避けた方が良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

咬み合わせが悪いと肩がこるの?

こります。全身に不調を引き起こします。私達は1回の食事で500~700回程顎を動かして、食べ物を咀嚼【そしゃく】しています。この噛むと言う動作は、顎の筋肉である咬筋【こうきん】(両耳の前あたりにある)と側頭筋【そくとうきん】(こめかみの筋肉)が中心に働いています。物を噛む際、下顎骨【かがくこつ】を持ち上げる筋肉を咀嚼筋と呼び、/span>咬筋側頭筋、鼻の奥にある外側翼突筋【がいそくよくとつきん】と内側翼突筋【ないそくよくとつきん】の4種類があります。この咀嚼筋は、後頭部の筋肉や首の両側にある大きな筋肉の胸鎖乳突筋【きょうさにゅうとつきん】ともつながっています。食べ物を片側だけで長い間咬み続けると、咬んでいる方の歯が擦り減ってしまいます。筋肉の動きもそれに慣れて、顎の位置がずれてしまうと、あつみ歯科医院では考えています。不正なかみ合わせを長時間する事は、例えると、ヒールの高さが異なる靴を履いて歩き続けている事と同じです。体には必ず、歪みが出て来てしまいます。長時間の歪みは、リンパや血液の流れに影響を及ぼします。その結果、片頭痛【へんずつう】や首の痛み、肩こり、めまい等の障害を引き起こすのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

良く咬んで食べると肥満防止になるの?

良く咬む事で食欲を抑制する物質が働きます。脳の中の視床下部【ししょうかぶ】と言う場所からの命令で、人間は食べる、食べないと言う行為を調整しています。そして多くの研究から、ヒスタミンと言う物質が食欲を抑制する事が分かっています。視床下部の満腹中枢から信号が届く前に、多くのカロリーを摂取する早食いは、肥満を高めます。逆に、良く咀嚼【そしゃく】すると、満腹中枢が刺激され、脳内のヒスタミンは増えます。食事療法をした患者さんで、治療後も咀嚼を続けている人だけがリバウンドしにくいと言う結果もある様です。食べ物は、30回咬むのが目安だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2020-07

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR